2012年8月アーカイブ

みなさん、こんにちは。

昨日(8月30日木曜日)の「五色台病院 夏祭り」行きましたか?
私、行ってきましたよ〜。
行かれたリスナーさんがいたら
「すごかったよね〜!!!!!」って一緒に盛り上がりたい。
そのくらい楽しかった♪

私が行ったのは19:00過ぎ。
カフェプルミエの周りを出店が囲むようにずら〜っと並び、会場はものすごい人で大盛り上がり。ちょうどプルミエ前の中庭で抽選会の真っ最中でした。
正直こんなに人がいるとは思っておらず、想定外な感じであっけにとられながら抽選会を観てると「ボディボード(サーフィンの板のちっちゃい版みたいな海遊びの板)」や自転車など豪華景品ぞろい。来年は早く行って抽選券をゲットするぞ!

watagashi.JPG


で、抽選会を横目に…フランクフルトやたこ焼き、ポテト、
手作りところてんなどが並ぶ出店をプラプラしてると、以前出演して下さった「医療相談課課長・竹内さん」発見☆

 

「こんばんは〜。」ってご挨拶すると、やっぱり満面の笑みで迎えてくれアウェー感が一気に
吹き飛びました。

すると「これ食べて。」って可愛らしい一口オムライスを手渡され

「お金払います。」
「いいの、これ飲んで」
ってお茶を渡され
「本当にお金払いますから」
内心(ラジオやってるからかな〜(
))っと思ってると
「いいんです。全部タダやから。」
「え〜〜〜っつ!!!!!!!」


この会場に出てる食べ物・飲み物、ぜ〜んぶ無料

【少しでも多くの方に精神医療・精神疾患を知って欲しい。
身近に感じて偏見を和らげたい。】
この思いから
近隣の方々へは招待券をお配りしているそうです。

また、このお祭りもリハビリの1つ。
患者さんには料理の引換券が渡されており、それぞれが自分の好きな物を自分で取りに行く。

『自分で何かをする。』

食べ物を取りに行くだけやん。

って思うかもしれませんが、心が弱っている時は、この小さな事も大きな壁になってしまいます。
ましてや、人が多く集まる場所。患者さんの中には恐怖さえ感じる人もいると思います。
でも、それが出来た時の達成感は、計り知れない喜びと大きな自信になる。
これは、自分がパニック傷害だった体験からの意見です。あくまで個人的な・・・。
私は大勢の集まる場所が怖かったから。
なので、このお祭りに参加し竹内さんからお話を聞いた時、
いろな事を思い出し、うまく言えないけど「頑張ろう!」って勇気をもらいました。

ありゃ… 暗くなっちゃいました……

その後も竹内さんがずっと付いてて下さり、お祭りを案内してくれました。

pizza.JPG


「プルミエ」のテラスには、
スタッフさん手作りの新しいピザ釜が登場!

 

 

premier_hoikusho.JPG


中は、地域の交流の場として展示エリアを開放しています。

地元の保育園の子ども達の作品スペースもありましたよ。

竹内さんと一緒にお祭りを廻りながら、
院長先生やラジオに出てくださったスタッフさんとパシャリ☆

yukata_shugo.JPG



incho_stuff.JPG



浴衣美人が勢揃い!(お祭り本部関係を担当されていた方は、男性女性関わらずみなさん浴衣でした)

竹内さん(写真下中、8月10日放送分に出演)&三井さん(写真下左、9月14日放送分に出演予定!)が来ている青いTシャツは、昨年スタッフ全員にプレゼントされたスタッフTシャツ。
兎年の院長先生と飛躍したいの想いが込められた、記念Tシャツだそうです。

五色台病院の院長先生を始め、他の先生方・スタッフのみなさんが全てお祭りのスタッフとして
汗を流していらっしゃいました。
とっても温かいお祭り。
今年行けなかったあなた!来年はぜひ行きましょ。

fireworks.JPG


竹内さんをはじめ、みなさんお忙しい中、
本当にありがとうございまし

 

 

 おはようございます  
今回も前回に引き続き、「医療相談課」から、
スタッフの宮本 理沙さん安藤 優子さんにお越しいただき、お話を伺いました。
 

miyamoto_ando.jpg

(左)宮本理沙さん (右)安藤優子さん

放送内容を、YouTubeで聴くことができます(^^)

ココロに効くラジオ 本日も晴天ナリ 2012_08_24

http://www.youtube.com/watch?v=Rx6k-7_iPLE 



まず、前回のおさらい・・・☆


医療相談課とは、
受診前に電話でお問合せをされた患者さんやご家族にあった医療やサービスを考え、医師や関係部署へ的確に橋渡しをするお仕事。

精神医療に対する悩みから、入院相談・外来相談・各制度についてなど、電話応対は様々。その他、患者さんが初めて来医院された時に、予診として患者さんの状態を聴き次の関係部署に繋げる。

その中で相手が何を必要としているのか、何を言おうとしているのかを素早く察知する。

患者さんからすれば、痒いところに手が届く「孫の手」のような存




そんな聴き取りのプロのお仕事について、お話を伺いました。
そのお話の中には、普段私たちの生活にも役立つヒントが隠されていました〜

1.相手の話を敬重(相手を尊重する)・傾聴(集中して真剣に聴く)する。
2.相手の気持ちに共感する。
3.何を必要としているのか、要点をまとめる。

常にこの3つを大切にして、お仕事をされてるとの事。

これが出来れば、どんなお仕事でもプライベートでも怖いものなし
営業成績もうなぎ上りにアップですよ

難しそうですけど、今直ぐ始められる事ですよね?
『早起きは三文の徳!』
昔、おばあちゃんによく言われたな〜。

今日、早起きしてラジオを聴いてくれたリスナーさんは既に実行してたりして。
ブログをチェックしてくれた「あなた!」も今から始めて下さい!
私も頑張って挑戦するので、一緒に始めましょ




さてさて、話を本題へ...

4年目の宮本 理沙さんのお仕事での喜びは、やっぱり患者さんの経過が見れる事
電話から関わった患者さんが退院する時は、家族のように嬉しい!っと満面の笑みで話して下さいました
もう、お話を聴けば聴くほど、パーフェクトな方だな〜。って頭が下がる想いだったんですが、そんな宮本さんのおもしろい癖(?)をご紹介

音楽がかかっていると、つい歌ってしまう事

通勤中の車の中でノリノリで歌っている所をDr.に見られたり、
歌番組を見ている時、大声で歌って家族に「テレビが聞こえん」と怒られたりの恥ずかしいエピソードもあるそうです
【良かった〜、一緒。】このお話を聞いたとき、少しホッとしました(笑)

続いて、安藤 優子(あんどう ゆうこ)さん。

「あっ、あの有名キャスターさんと同じ〜!!」
「そうなんです。この間、本物を間近で見ちゃいました〜。カッコ
良かった!」

という話で盛り上がり、緊張ほぐれたところでお仕事のお話。



今年の4月に精神保健福祉士の資格を取得し配属になったばかりの
初々しい安藤さん。

『今はまだ、患者さんやご家族の方からいっぱい情報を聴いておかないと!っと聴くのに一生懸命になるので、出来るだけ優しくお話できたらいいな〜。と心がけています。』

『いっぱいいっぱいで、まだ先輩のようにはお話できてないですけど…』

っとハニカミながら宮本さんを、
憧れの眼差しで見てお話されていました。
収録していて、この空気感がとっても心地よかったです。


安藤さんの嬉しかった出来事は?

病棟を廻っている時に、患者さんから

『一生懸命仕事しょん、誰かが見てくれよるけんな。』

って声をか
けてもらった事。
この言葉が安藤さんのお人柄を語ってくれてますよね。
インタビュー中も、終止 話をちゃんとうなずき聴いて下さってた安藤さん。
私も初心忘れるべからずで刺激をうけました。

最後に、このお仕事をしてたらプライベートでもかなり役立つんじゃないですか?の質問にお二人とも『全くです』っと笑ってました
(放送では、安藤さんのコメントのみですが。)
宮本さんも安藤さんも、とっても人間味あふれる優しい女性でした



さて!今回はみなさんに楽しいイベントのお知らせです。

natsumatsuri_poster.jpg




8月30日(木曜日)
五色台病院 夏祭り!が開催されます。
場所:五色台病院 プルミエ前(病院西隣)
17:45 受付開始/18:00 開会/19:50 花火
鴨福神太鼓や盆踊り・出店もあるそうなので、お友達と一緒に遊びに出かけましょ!
私も開会には間に合わないですが、遊びに行きます。
お祭りで見かけたら、気軽に声をかけて下さいね

次回の放送は、9月14日(金曜日)です。
お楽しみに〜

 

 

     おはようございます     


8月10日(金)の放送は、
医事課・医療相談課 課長「竹内 真弥」さんにお越しいただきました


前回もお話したように、これから患者さまの目線で、
患者さまが来院し、ご案内される経路にそって、
「医療法人 五色台病院」のスタッフのみなさんをご紹介していきます

病院に来院する際に…
すぐ受診を希望される方もいらっしゃれば、
病院に対して不安や戸惑いを感じて
なかなか来院できない方もいらっしゃいますよね
あなたはどちらのタイプですか?


「医療法人 五色台病院」では、後者の方にも『優しいケアーが必要!』
と考え、病院に来院するまでの不安を和らげる部署があるんです。

それが、「医療相談課」


医療相談課には今回お越し頂いた 竹内 真弥さんを含め、
精神保健福祉士が4名・オフィスワーカーが2名
在籍しています。
電話をかけた時から、福祉のプロが対応してくれるんですよ
すごいですよね☆

ご相談内容は、入院相談・外来相談・医療的アプローチ・
各制度についてなど様々…
そのお話を患者さまやご家族の立場になり、聴き取る。
お仕事をする上で常に気をつけている事は、お話を的確に聴き次の医師や部署に正確に繋げる事。
簡単なようで、かなり難しいですよね。
お話していると、どうしても感情が入りそうですが、流石です
私なんて、常に感情が入ったり話の裏を読もうとしたり・・・トホホ。
 

akemi_takeuchi.jpg



そんな竹内さまも病院からでると普通の人!
中学生1人と大学生2人を抱えるお母様〜。
お仕事のお話をしている時は、優しさの中にもピリッとした表情でお話されてたんですが、
ご家族のお話になると、急に手をモジモジさせて表情もお母さんに早変わり。
そのお顔を見た瞬間、ご家族円満なんだなって私も幸せな気持ちになりました。

 


余談ですが、

実は・・・収録の前にゲストの方にアンケートをとるんです。

その内容の一部を少し

Q:最近の失敗談は…?
A:出かける前にバッグを替え美容院へ。支払いの際、カバンをみ
たら財布がなく
「スミマセン。」と恥ずかしい思いをしました。


Q:悩みはありますか?
A:家計のやりくり。大学の授業料やらなんやら、大変です。


「医療相談課」の課長を務めていらっしゃると、普段もテキパキって想像してしまいますが、
実はちょっぴりお茶目で柔らかい方でしたよ。お写真でも伝わるでしょ
さらに余談ですが…収録後、一緒にお写真撮る時、とっても甘い香りがしました(笑)
思わず「いいにおいですね。」って近寄ってしまいました。私ニオイフェチなんです。
ってなんの話してるん!って怒られそうですが・・・


さて、真面目に。
番組の内容はYouToubeからも聞けますので、竹内さんの様子をチェックして下さいね。
http://www.youtube.com/watch?v=HOBuIl2OKBw 
お話する言葉がとっても綺麗なので、勉強になりますよ!!


そして番組では、みなさまからのメッセージを募集しています。
みなさまの失敗談や最近嬉しかったお話。
その他、お身体の悩みや日常の出来事もOK!
宛先はメール: seiten@fm815.com / ファックス:087-833-8150
お待ちしています!

次回の放送は、8月24日(金)です。お楽しみに〜☆

落ち込んでる時や上手く行かない時って、
些細な失敗(例えば↑
ようなお財布の入れ忘れとか)にも
過剰反応になりがちで「自分ってやっぱダメだ〜。」なんて、
さらに落ち込んじゃったりしませんか?

でも大丈夫

だって竹内さんだって同じ失敗するんですよ。
ってフォローになってないですかね。。。
だから、今日も姿勢を正してみて下さい。
竹内さんも業務中、扉が開いたらまず顔を上げるようにしているそうです

このアーカイブについて

このページには、2012年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年7月です。

次のアーカイブは2012年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。