「五色台病院 夏祭り」行ってきました!

| コメント(0) | トラックバック(0)

みなさん、こんにちは。

昨日(8月30日木曜日)の「五色台病院 夏祭り」行きましたか?
私、行ってきましたよ〜。
行かれたリスナーさんがいたら
「すごかったよね〜!!!!!」って一緒に盛り上がりたい。
そのくらい楽しかった♪

私が行ったのは19:00過ぎ。
カフェプルミエの周りを出店が囲むようにずら〜っと並び、会場はものすごい人で大盛り上がり。ちょうどプルミエ前の中庭で抽選会の真っ最中でした。
正直こんなに人がいるとは思っておらず、想定外な感じであっけにとられながら抽選会を観てると「ボディボード(サーフィンの板のちっちゃい版みたいな海遊びの板)」や自転車など豪華景品ぞろい。来年は早く行って抽選券をゲットするぞ!

watagashi.JPG


で、抽選会を横目に…フランクフルトやたこ焼き、ポテト、
手作りところてんなどが並ぶ出店をプラプラしてると、以前出演して下さった「医療相談課課長・竹内さん」発見☆

 

「こんばんは〜。」ってご挨拶すると、やっぱり満面の笑みで迎えてくれアウェー感が一気に
吹き飛びました。

すると「これ食べて。」って可愛らしい一口オムライスを手渡され

「お金払います。」
「いいの、これ飲んで」
ってお茶を渡され
「本当にお金払いますから」
内心(ラジオやってるからかな〜(
))っと思ってると
「いいんです。全部タダやから。」
「え〜〜〜っつ!!!!!!!」


この会場に出てる食べ物・飲み物、ぜ〜んぶ無料

【少しでも多くの方に精神医療・精神疾患を知って欲しい。
身近に感じて偏見を和らげたい。】
この思いから
近隣の方々へは招待券をお配りしているそうです。

また、このお祭りもリハビリの1つ。
患者さんには料理の引換券が渡されており、それぞれが自分の好きな物を自分で取りに行く。

『自分で何かをする。』

食べ物を取りに行くだけやん。

って思うかもしれませんが、心が弱っている時は、この小さな事も大きな壁になってしまいます。
ましてや、人が多く集まる場所。患者さんの中には恐怖さえ感じる人もいると思います。
でも、それが出来た時の達成感は、計り知れない喜びと大きな自信になる。
これは、自分がパニック傷害だった体験からの意見です。あくまで個人的な・・・。
私は大勢の集まる場所が怖かったから。
なので、このお祭りに参加し竹内さんからお話を聞いた時、
いろな事を思い出し、うまく言えないけど「頑張ろう!」って勇気をもらいました。

ありゃ… 暗くなっちゃいました……

その後も竹内さんがずっと付いてて下さり、お祭りを案内してくれました。

pizza.JPG


「プルミエ」のテラスには、
スタッフさん手作りの新しいピザ釜が登場!

 

 

premier_hoikusho.JPG


中は、地域の交流の場として展示エリアを開放しています。

地元の保育園の子ども達の作品スペースもありましたよ。

竹内さんと一緒にお祭りを廻りながら、
院長先生やラジオに出てくださったスタッフさんとパシャリ☆

yukata_shugo.JPG



incho_stuff.JPG



浴衣美人が勢揃い!(お祭り本部関係を担当されていた方は、男性女性関わらずみなさん浴衣でした)

竹内さん(写真下中、8月10日放送分に出演)&三井さん(写真下左、9月14日放送分に出演予定!)が来ている青いTシャツは、昨年スタッフ全員にプレゼントされたスタッフTシャツ。
兎年の院長先生と飛躍したいの想いが込められた、記念Tシャツだそうです。

五色台病院の院長先生を始め、他の先生方・スタッフのみなさんが全てお祭りのスタッフとして
汗を流していらっしゃいました。
とっても温かいお祭り。
今年行けなかったあなた!来年はぜひ行きましょ。

fireworks.JPG


竹内さんをはじめ、みなさんお忙しい中、
本当にありがとうございまし

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://fm815.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/23

コメントする

このブログ記事について

このページは、津川 明美が2012年8月31日 13:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2012/08/24放送 医療相談課は「聴き取り」のプロ☆」です。

次のブログ記事は「2012/09/14放送 患者さんのご家族にまで行き届いた心のケア」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。