2012/11/23放送 精神保健福祉士のお仕事(2)

  おはようございます 

だいぶ冷え込み、冬らしくなってきました みなさん、お変わりはないですか?
寒くなると、どうしてもお家から出にくくなりますが、今は紅葉がとっても綺麗です五色台も色づいていますよね。
おっくうだな〜っ と思う気持ちを押さえて外にでると、気持ちいいですよ
厚手の上着を一枚羽織って、お出掛けしてみて下さい。



さて、今回は精神保健福祉士の松下智樹さんにお越し頂きました。

 

akemi_matsushita1.jpg


放送内容を、YouTubeで聴くことができます(^^)
ココロに効くラジオ 本日も晴天ナリ 2012_11_23
http://www.youtube.com/watch?v=cPsupR4qees

現在松下さんは、中讃岐地域生活支援センターや精神障害者グループホーム五色台の管理者としてお仕事をなさっています。
その管理者としてのお立場からいろいろなお話を伺ったんですが…。

ま〜すごい!!

ラジオをお聴き頂いた方は、私のこの反応に共感していただけますよね?
何がすごいって?とっても謙虚

打ち合せの段階から放送が終わるまで(時間にして1時間強)、
常に変わらず「職場の方々あっての自分」っと一歩下がってお話されていました。
現在、松下さん33歳。私、同じ歳なんですよね…。
同じように33年人生を歩んで来て、どうしてここまで違うのか〜
〜〜


松下さんとお話させて頂く中で『人との関わり方』
について教えてもらえたように思います。

…っと言う事で


勝手に「松下語録から学ぼう」のコーナー!

松下さんの言葉を抜粋し、そこからヒントをもらいましょう!!
(松下さん、勝手にごめんなさい

 部下の方々のほうが、よっぽど有能な方々が多い
 話をきちんと聴いて、それに応えられるように努力をするだけ。
 頑張って働いてくれているのはありがたい。皆さんがついて来
てくれるのは、ありがたい。
 仕事で凹んだら仕事で返す。努力を惜しまない。
 僕のような人間。たくさんの部下がいての僕。
 自分が成長したから管理者になれたのではなく、管理者になる
事で成長できた。

上記以外にも、まだまだ素敵な言葉をお話されてらっしゃいますが
これらの事から気づかされた事。

 自分の周りをちゃんと認め敬う。
 相手の話(言い分)を聴く。
 感謝の気持ちを忘れない。
 嫌な事から目をそむけない。自分の能力を決めつけない。
 自分は、自分はと「我」を出し過ぎない。
 今の現状を客観視する。


さらに、このような事も言われていました。

「障害者だからと言って甘やかさない。障害者扱いをする事で障害者を生む。」
「一般の人と同じように、必要な時に必要なだけ支援をする。」


この言葉は、
障害をもたれた方と接する上での関わり方について伺った時にお話して下さった言葉です。

ですが、全ての立場に言える事だと思いました。

子育て、介護、職場・・・。


これらの事を一度にする事は難しいかもしれません。


どうしても、いっぱい一杯になっている時は「なんで??」「分かってよ。」ってなりがちです。
ですが、「今、うまく行ってないな〜。」っと思われた時に思い出してみて下さい。
何かヒントがあるかもしれません。

私も最近、特にできていないように思います。

自分の気持ちを押し付けたり、焦ったり。


今日から松下さんの言葉を少しずつ実践してみようと思います。


身に付くまでには時間がかかるかもしれませんが、
そこは焦らずゆっくりと。


みなさん、今日の講義はいかがでしたか?(笑)
次回は精神医療の歴史についてお勉強しますよ
な〜んて
 

akemi_matsushita2.jpg


あっ、そう言えば松下さん、最近プライベートの事をすぐ忘れちゃうそうなんです
どなたか、物忘れを防ぐいい方法があれば、松下さんにこっそり教えてあげて下さい
もしくは、FM815にメッセージをお願いします。


次回の放送は、12月14日(金)です。

それではまた。

みなさん、風邪などひかないよう気をつけて下さいね

 

このブログ記事について

このページは、津川 明美が2012年11月23日 09:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2012/11/09放送 精神保健福祉士のお仕事。」です。

次のブログ記事は「2012/12/14放送 精神医療の歴史「今と昔」。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。