2012/12/28放送 日本の精神医療の今後について考える

| コメント(0) | トラックバック(0)

 おはようございます
今回も前回に引続き、五色台病院院長・佐藤仁先生に精神医療の実情について伺いました。

incho_akemi2.jpg



放送内容を、YouTubeで聴くことができます(^^)

ココロに効くラジオ 本日も晴天ナリ 2012_12_28
http://www.youtube.com/watch?v=p-mW3f_T0nc



今回のテーマは「日本の精神医療の今後について」

欧米と比べての問題点や、外から日本の精神医療がどう見られているのか
また、これからどうして行くのが良いのか、お話を伺いました

あくまで、このお話は佐藤院長先生個人のご意見で、その他にも様々な見方があると思います

そういったご意見なども含め、精神医療や番組について、またお身体についてなどご意見を頂けると嬉しいです
少しずつですが、オープンにみなさんと意見を交わす事ができれば、精神医療・精神疾患への
理解も得られるのではないかと思います。

今は昔と違い、「精神疾患」=「治らない病気」ではありません。
”なんとなく”なイメージで苦手意識を持たれている方も、多いと思います。
その”なんとなく”な部分をクリアにしていけるよう、この番組では五色台病院の様々な取組みを通し、精神医療についてお伝えして行きます。

今年の7月から始まったこの番組も、はや半年が経ちました。
これまでは、患者さんが来院された経路にそって、院内のスタッフさんやその部署をご紹介して来ました。
「精神医療ってどんなとこ?」「どんな事されるの?」「どんな先生がいるの?」などスタッフさんや病院の様子が分かると、通うのも通わせるのも安心できますよね?
また、精神疾患が特別じゃないと言う事をスタッフの方々の想いを通し感じて欲しい…

でも、想像以上にスタッフの皆さんのお話が興味深く、毎回【
コミュニケーション力】のセミナーを受けているようでした

みなさんはいかがでしたか?


この番組では、精神医療についてのお話をしていますが、
これまでのお話を振返ると精神医療だけでなく、普段の私たちの生活の中で役立つ言葉が沢山ありました。
その中でも共通しておっしゃっていたのが「相手の立場になる。」「話を聴く。」という事だったと思います。
「なんでうちの人は〜。」「なんで、そうなん!」と苛立つ時、じ「なんで」を思うなら、
「なんで、そうなったんだろう?」に変えてみて下さい。

さてさて、いよいよ本当に今年も終わりになりました。
みなさん、どんな一年になりましたか?
嫌な事も楽しかった事もたくさんあったと思いますが、最後は自分自身を労ってあげて下さいね。
そして来る年も笑って笑って過ごしましょ〜
私の大好きな言葉「笑う門には福来る。」
皆さんにとって、来る年が晴れやかな一年となりますように…
今年一年、お世話になりました。
来年もどうぞ宜しくお願い致します。

次回の放送は2013年1月11日(金)です。
お楽しみに〜♪

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://fm815.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/31

コメントする

このブログ記事について

このページは、津川 明美が2012年12月28日 09:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2012/12/14放送 精神医療の歴史「今と昔」。」です。

次のブログ記事は「2013/01/11放送 グループホーム顧問・山西さんの深イイお話♪♪」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。