2013/03/22放送 臨床心理士に学ぶ「相手の本音を聞き出す方法」

| コメント(0) | トラックバック(0)

  おはようございます。

今回の放送はいかがでしたか?

今日は、五色台病院で臨床心理士のお仕事をされている 上枝加乃さんにお話をお伺いしました。
 

gsk4blog_20130322_1.jpg



放送内容を、YouTubeで聴くことができます(^^)
ココロに効くラジオ 本日も晴天ナリ2013_03_22
http://www.youtube.com/watch?v=2uNyDJbannM

私はこれまで、臨床心理士さんと言うのは、相手の癖や話方などから 相手の性格を見抜き助言するお仕事かと思っていましたが…

…実際にお仕事内容を伺ってみると、全く違うんですね

助言をすると言うよりは、相手の話を引き出し聴くお仕事
「この人は何を伝えたいのか」 いろいろ溜った想いを吐き出させる事によって、気持ちを穏やかにする という事を大切にされていました。

誰かに想いを話す事で客観的に自分を知ることができたり、話しているうちに、自分の想いに気付いたりできる。

そうする事で気持ちが前向きになれる

確かにそうですよね。

嫌な事があった時、誰かに愚痴をいうとスッキリしますよね。

上枝さんのお仕事では、実際の精神疾患でのお悩みはもちろん、ご家庭や職場での悩みを相談されに来るお客様もいらっしゃるそうです。

なかなか、近くの人に話しづらい事もありますから、こうして聴いて下さる人が いると嬉しいですよね。

でも、話す方は良くても、毎回人の話を聴くのは大変だと思いませんか? ついつい気持ちが入ったり、自分自身がしっかりしていないと引き込まれそうな…。

その事について、上枝さんに伺ったところ、学生時代に冷静に客観的に相手の話を聴くという訓練を徹底的に受けたそうです。

その訓練とは、学生の相談を受け、その内容をテープにとり先生と一緒に聴く。

「なぜ、この発言をしたのか?」
「この時何を感じたか?」
などなど。
それは厳しい指導だったそうですよ。

そんな上枝さんのプロ技から「相手の本音を聞き出す方法」を教えて頂きました。

話し手の語尾をオウム返しする。 ただそれだけ。 簡単でしょ?

「〜しんどかった」 に対し 「しんどいんや〜。」
「〜うれしかった」 に対し 「うれしいね。」
など、相手の気持ちに共感してあげる。

そうする事で、相手も少しずつ自分の気持ちを話してくれるそうです。

納得の技ですよね
ぜひ、試してみて下さい。 そして、良ければ感想なども聴かせて下さると嬉しいです。

gsk4blog_20130322_2.jpg



さて、話は変わりますが、先日、五色台病院カフェテリア「プルミエ」にて 朗読会を行なってきました。
お客さまやスタッフの皆さまにお越し頂き、素敵な時間を過ごす事ができました。 本当にありがとうございます。

思わず感無量になってしまい…   
あひゃ〜〜〜

これから、時々朗読会を行なわせて頂ける事になりましたので、お時間のある方は遊びに来て下さい

それでは〜

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://fm815.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/37

コメントする

このブログ記事について

このページは、津川 明美が2013年3月22日 09:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2013/03/08放送 精神科デイナイトケアに通いながら社会復帰を目指す方々(2)」です。

次のブログ記事は「2013/04/12放送 新年度スタート♪♪♪ 看護師長に学ぶ人間関係のコツ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。