2013年7月アーカイブ

おはようございます

いよいよ夏休み突入

この時期は子ども達がいっそうキラキラして見えます
「夏」という言葉は、私の中で宝箱のようなイメージ。
海にお祭り、レジャー、そして大好きなスイカが食べられる〜
私の頭は小学生から止まったままか…

でも、この間、毎月行かせてもらっている五色台病院さんの朗読会で朗読の前に利用者さんと「夏」という言葉の連想ゲームをしたんですが、そこでも、やはり「夏」からは楽しいイメージの言葉や元気な言葉がたくさん出て来ました

みなさんは、いかがですか?
暑くて外に出たくないって方もいらっしゃると思いますが、ちょっとソコまで出てみませんか?
空も濃く緑や海もキラキラしていますよ


さて、今回は特定介護付有料老人ホーム「やすらぎホームさぬきのくに」から、看護師で施設長の三野由紀子(みのゆきこ)さまにお越し頂きました。
 

mino1.jpg


放送内容を、YouTubeで聴くことができます(^^)
ココロに効くラジオ 本日も晴天ナリ2013_07_26
http://www.youtube.com/watch?v=mtsxp4rLrS4


前回(6/28、7/12放送分)も介護老人保健施設五色台の方々をお迎えし老後の生活をより良く過す方法をお伺いしました。その選択肢の1つの機関として、今回のお話も参考になるのではないでしょうか?

今回お話を伺った、特定介護付有料老人ホームは、認知症などに関係なく疾患のある方もそうじゃない方も生活ができる施設。
その中で生活をしながら、疾患のある場合は、今までの病院に通う。今までの生活を介護専門の方と暮らす事で、生活のサポートをしてもらう場所
そうは言っても、住む場所やスタイルが少しでも変わると不安になりますよね

なので、その不安を取り除くために、入居してしばらくの間は、極力職員の方が声がけをしたり、一人にならないよう配慮をし他の方よりも時間をかけ対応をして下さるそうです。

そして、その不安は入居された方だけではなく、ご家族の方も同じ
だから、ご家族の方へも頻繁に入居後の様子をご連絡したり、ご家族の悩みを伺ったり入居された方と同じように、ケアする
なるべくたくさんのコミュニケーションをとるようにしているとの事

 


入居された方も、そのご家族も最初はどうスタッフと関われば良いのかわかりませんよね

どこまで踏み込めばいいのか

甘えていいのか

話していいのか

その距離感はスタッフの方がちゃんと示してくれます。

 


三野さんもおっしゃっていましたが、ご家族の方が思いがちなのが「悪い事をしている。」という感覚。ご家族の方には「これで良かったのか」と悩み、涙をしたり、うつになってしまう方もいらしゃるそうです けれど、施設としては、ご家族の出来ない事を一緒に協力しサポートする。という感覚なので「悪い事をしている。」と自分を責めないで欲しいと…。

なので、先にも書きましたが、その不安を取り除くために入居者はもちろんご家族とのコミュニケーションも大切にされています。家族が少し増えたという感覚で、スタッフと接すると良いかもしれませんよね

三野さんにお仕事で一番大切にしている事は何ですか?と伺ったところ『笑顔』と答えて下さいました

この笑顔は作り笑顔ではなく、職員も楽しみ本当に笑う事。
作り笑顔はバレる。心から接する事が大切と。
この言葉、私の心にも刺さりました。
そして、反省。ときどきしてしまうんです、作り笑顔。
心から接するこれを肝に銘じ私も真面目に取組みます。


話が少しそれてしまいましたが、そういう言葉を大切にしている場所。それが「やすらぎホームさぬきのくに」

みなさんも、今日一日作り笑顔ではなく、心から笑う練習をしましょ?
私も今日は真剣に笑います

では、また〜
 

mino2.JPG

 

おはようございます

もうすぐ子ども達は長〜い夏休み。
いいですよね〜

この時期になると子ども達が羨ましいって思います。
大人になると、なかなか夏休み〜☆なんて浮かれてられませんが
それでも、お祭りやイベント事が多い季節。
みなさんは何処かお出かけの予定とかあるんでしょうか
私は…。残念ながらありません(涙)
でもこの時期は、お仕事で色んな場所に行けるので、それが楽しみですね。
楽しみな事があると、毎日の生活もちょっとハリがでますよね

さて、今回は前回に引き続き「介護老人保健施設五色台」より施設長の佐藤さま、介護長の石道さま、主任介護師の西川さまをお迎えし、気になる介護保険施設での生活についてお伺いしました。
 

gosiki0712_1.jpg


放送内容を、YouTubeで聴くことができます(^^)
ココロに効くラジオ 本日も晴天ナリ2013_07_12
http://www.youtube.com/watch?v=SxuIxLo5Dps



この「介護老人保健施設五色台」は、県内に3施設しかない認知症専門棟で、現在は約100名の方が1グループ10名でリハビリやレクリエーションをして生活されているそうです。

その中でも毎日行なわれているのが、歌を歌う事
歌が始まりだすと、みんな自然と集まり歌い、手拍子や手振りが始まり施設内が賑やかになるそうです

認知症の患者さんの中には、普段常に眠っているような静かな方も、この時ばかりは、歌い一緒に口ずさんでくれる
そして、スタッフの皆さんも利用者の方と一緒になって、思いっきり楽しむんだそうです。
むしろ「スタッフの方が張り切っているかもしれません」とおっしゃっていました

で、今ではカラオケ大会も行うほど。
そして、自ら歌いたいと多くの方が手を挙げられるそうです。
お話を伺っているだけで、その光景が目に浮かびます。
こんな風に、自ら楽しむ事に積極的になれる空間って素敵です。 羨ましいくらい。



前回の放送(6月28日放送分)でもお話されていましたが、
「楽しい」を大切にする。
お越しくださったスタッフのみなさんも、目尻を下げ楽しそうにお話してくださいました。




きっと歌の場を作るだけでは、こんな楽しい空間はできてないですよね。
スタッフと利用者の方が向き合っているからこその空間。
ご家族の方が施設を訪問された時、自分の家族が笑ってくれていると喜んで下さるそうです。

そりゃ、そうですよね。
自分の家族と離れているわけですから、多かれ少なかれ心にシコりがあると思うんです。
「これで良かったのかな。」って。
でも、楽しそうな表情をみると、その気持ちも少し和らげる。
それが、互いの距離感を良い状態に導き、ご家族が何度となく施設へ遊びに来てくれる。
そんなサイクルが出来るといいですよね。
希望的想いも込めて…
 

gosiki0712_2.jpg


さてさて、介護老人保健施設五色台が北欧風施設にリニューアル☆
木の温もりを大切に家庭的な空間になったそうです
先程までお話しました事と合わせて、見学も随時受付中との事ですので、ご興味のある方はぜひ行ってみて下さい
その際、行かれる前に一度ご連絡して行かれた方がスムーズに対応して下さるようです。

お問合先 〒762-0023 香川県坂出市加茂町194番地1
TEL:0877-48-3300 FAX:0877-48-3332
E-mail:gosikir@mail.kbn.ne.jp

それでは、今日はこのへんで〜
晴れやかな一日となりますように

このアーカイブについて

このページには、2013年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年6月です。

次のアーカイブは2013年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。