2013/07/12放送 介護老人保健施設五色台(2)歌にあふれる施設での生活♪

おはようございます

もうすぐ子ども達は長〜い夏休み。
いいですよね〜

この時期になると子ども達が羨ましいって思います。
大人になると、なかなか夏休み〜☆なんて浮かれてられませんが
それでも、お祭りやイベント事が多い季節。
みなさんは何処かお出かけの予定とかあるんでしょうか
私は…。残念ながらありません(涙)
でもこの時期は、お仕事で色んな場所に行けるので、それが楽しみですね。
楽しみな事があると、毎日の生活もちょっとハリがでますよね

さて、今回は前回に引き続き「介護老人保健施設五色台」より施設長の佐藤さま、介護長の石道さま、主任介護師の西川さまをお迎えし、気になる介護保険施設での生活についてお伺いしました。
 

gosiki0712_1.jpg


放送内容を、YouTubeで聴くことができます(^^)
ココロに効くラジオ 本日も晴天ナリ2013_07_12
http://www.youtube.com/watch?v=SxuIxLo5Dps



この「介護老人保健施設五色台」は、県内に3施設しかない認知症専門棟で、現在は約100名の方が1グループ10名でリハビリやレクリエーションをして生活されているそうです。

その中でも毎日行なわれているのが、歌を歌う事
歌が始まりだすと、みんな自然と集まり歌い、手拍子や手振りが始まり施設内が賑やかになるそうです

認知症の患者さんの中には、普段常に眠っているような静かな方も、この時ばかりは、歌い一緒に口ずさんでくれる
そして、スタッフの皆さんも利用者の方と一緒になって、思いっきり楽しむんだそうです。
むしろ「スタッフの方が張り切っているかもしれません」とおっしゃっていました

で、今ではカラオケ大会も行うほど。
そして、自ら歌いたいと多くの方が手を挙げられるそうです。
お話を伺っているだけで、その光景が目に浮かびます。
こんな風に、自ら楽しむ事に積極的になれる空間って素敵です。 羨ましいくらい。



前回の放送(6月28日放送分)でもお話されていましたが、
「楽しい」を大切にする。
お越しくださったスタッフのみなさんも、目尻を下げ楽しそうにお話してくださいました。




きっと歌の場を作るだけでは、こんな楽しい空間はできてないですよね。
スタッフと利用者の方が向き合っているからこその空間。
ご家族の方が施設を訪問された時、自分の家族が笑ってくれていると喜んで下さるそうです。

そりゃ、そうですよね。
自分の家族と離れているわけですから、多かれ少なかれ心にシコりがあると思うんです。
「これで良かったのかな。」って。
でも、楽しそうな表情をみると、その気持ちも少し和らげる。
それが、互いの距離感を良い状態に導き、ご家族が何度となく施設へ遊びに来てくれる。
そんなサイクルが出来るといいですよね。
希望的想いも込めて…
 

gosiki0712_2.jpg


さてさて、介護老人保健施設五色台が北欧風施設にリニューアル☆
木の温もりを大切に家庭的な空間になったそうです
先程までお話しました事と合わせて、見学も随時受付中との事ですので、ご興味のある方はぜひ行ってみて下さい
その際、行かれる前に一度ご連絡して行かれた方がスムーズに対応して下さるようです。

お問合先 〒762-0023 香川県坂出市加茂町194番地1
TEL:0877-48-3300 FAX:0877-48-3332
E-mail:gosikir@mail.kbn.ne.jp

それでは、今日はこのへんで〜
晴れやかな一日となりますように

このブログ記事について

このページは、津川 明美が2013年7月12日 07:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2013/06/28放送 介護老人保健施設五色台(1)人生の最後を看取るケア」です。

次のブログ記事は「2013/07/26放送 「やすらぎホームさぬきのくに」の細やかな心のケア」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。