2013/11/22放送 院内で働く先輩後輩/グループホーム五色台生活アドバイザー山西さんと中野さん

| コメント(0) | トラックバック(0)

おはようございます

最近、晴れてるかと思うと急に雨が降ったり、そして虹が。
なんて空模様が変わりやすい。
「女心と秋の空…。」
と言う言葉があるように、まさに秋空

みなさんのココロ模様はいかがですか?
私は秋空ではなくジェットコースターのようです
そんな時、誰かが側にいてくれると安心しますよね
家族、友達、職場の仲間、恋人など。
そして、心の底からちゃんとぶつか合えれば一層嬉しい。
みなさんの周りは、そんな方いらっしゃいますか?

今回の放送は、その関係を感じられるお二人にお越し頂きました。
グループホーム五色台生活アドバイザーから、顧問でいらっしゃいます山西昌二(やまにし しょうじ)さんと生活アドバイザー歴4年の中野 博紀(なかの ひろき)さん。
 

yamanishi_nakano.jpg
(左)山西さん(右)中野さん


放送内容を、YouTubeで聴くことができます(^^)
ココロに効くラジオ 本日も晴天ナリ2013_11_22
http://www.youtube.com/watch?v=VYn_q7YsgD0


お二人の師弟関係は、カフェプルミエでのピザ&パン焼の現場におけるもの。
顧問でいらっしゃる山西さんは、南米のパラグアイに住んでいたりと、これまでの厳しい時代を生き抜いた生きる知恵・生き字引のような方。私もこの番組が始まってからなので約1年ほどしか知りませんが、それでも驚かされる事ばかり何でもこなしてしまう素敵な方

そこに挑んでいるのが中野さん。
中野さんは、もともと自衛隊高知駐屯地で勤務されていたそうで、骨太男子といった方です
それでも時に涙をこらえる時もあったとの事
生活アドバイザーのお仕事について、まさかピザを焼くなんて思ってもいなかったでしょう。

ピザを焼くと言ってもオーブンじゃなく、釜ですからね
火の起こし方さえ分からない。
しかも「理屈じゃなく肌で感じる」世界です。
釜の温度も温度計があるわけじゃなく、勘

皮膚から伝わる温度を感じる。
今の時代、そんな事なかなか無いですよね?本当は今もそこが一番大切な所なんですけどね。対人も…。
そんな全く知らない場所へ送られたら、いくら自衛隊で鍛えられたとはいえ心が折れそうになるでしょうね。
「なんで?」がいっぱいだったと思います。

そこから2年。
いろんな葛藤を乗り越えながら立ち向かう中野さんは、すごいです
師匠の山西さんに中野さんの事を伺うと、不器用だけど一所懸命。きっちり仕事をする方だと。
これまで辛い日もあったけど辞めようと思わなかったのは、お客さまからの反応が嬉しかったから。とおっしゃる中野さん。
頑張った事への反応・評価があるとやる気も沸きますよね。

しかし、それだけでは無かったと思います。
ただ反応があっても理不尽な厳しさだと人は頑張れません。
厳しさの中に真の優しさがあったからだと思います。
ちゃんと相手に伝わる言葉を山西さんが発信し、それをきっちり受取る中野さんがあったから。
いくら便利な世の中になっても、最終的には人と人。
ちゃんと向き合える関係だと私は想います。
そして、その関係を今回のインタビューで感じる事が出来ました。
ありがとうございます。

そして、山西さんが今悩んでいる事は、後継者の育成について。
時代の変化とともに人との関わりも難しくなったと言われています。
いろんな分野で後継者の育成が難しいとも言われています。
伝えるとは何か。
その事をちゃんと考えなければ

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://fm815.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/53

コメントする

このブログ記事について

このページは、津川 明美が2013年11月24日 09:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2013/11/08放送 院内で働く先輩後輩/看護師・穴吹さんと准看護師・佐藤さん(2)」です。

次のブログ記事は「2013/12/13放送 院内で働く先輩後輩/病棟クラークの土居さんと吉田さん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。