2014年2月アーカイブ

おはようございます


突然ですが、皆さん、最近笑っていますか?
最後に思いっきり笑ったの、いつですか?
私は昨日、寄席を観に行って来ました。

東西落語名人寄席「三人会」と言うのがアルファあなぶきホールでありまして母と二人で行って来ました
昔から、笑点が大好き。しかも最近は五色台病院さんで朗読会をさせて頂いていて、そこで落語絵本も読んだりするのでお勉強と親孝行と言う名目で(笑)

rakugo.jpg

桂 歌丸さん、三遊亭円楽さん、桂文珍さんの豪華メンバー。
「もう、お腹がよじれるからやめて〜」っというくらい、笑いました
隣りの母も体をジタバタ、涙を流し子どものように大爆笑。
こんなに笑ってる母を見るのも久しぶり。

プロの方達の話運びは、すごいです
時事ネタや皮肉も嫌みのない笑いに変え、演目では情景が目に浮かぶ語り口。
笑わせながらもちゃんと大切な事は伝える。
言葉の通うコミュニケーションの大切さを教えてもらったように思います。

実際、終わったあと、隣りの席の方と「楽しかったですね。」と笑い合ったり、出口で目が合い「雨止んだみたいですね。」「そうですね、でも足下すべるから気をつけてないとね。」なんて気遣いの言葉を掛け合ったり。『笑い』の魔法のお陰でしょうか?!
みなさま、機会がありましたら落語オススメです
 
今日のゲストの方も、きっと落語に行ったら大爆笑するでしょうね。
笑顔がとっても素敵な大谷由美さん(庶務課 係長 経理・カフェ・プルミエ管理)
前回に引き続きお話をお伺い致しました。

otani_akemi_4.jpg
放送内容を、YouTubeで聴くことができます(^^)
ココロに効くラジオ 本日も晴天ナリ2014_02_28
http://www.youtube.com/watch?v=kXSOUdt4IPg
 
前回のお話では、庶務課として五色台病院を快適な職場・病院にする為の秘訣を…。
詳細は、前回の放送またはブログをチェックしてください。
そして、今回は南プロバンス風の素敵な建物デイ・ナイト・ケア棟「プルミエ」内にある、カフェ・プルミエについてお伺い致しました。
大谷さんは、カフェ・プルミエの立ち上げに関わられた方。
オープンして2年半。日替わりメニューが定評で、今では多くのお客様で賑わい、店内でギャラリーやコンサートなどイベントを行なうほど
しかし、最初から上手くいった訳ではありません。
もちろん、立ち上げ当初はお客様も無く時間だけが過ぎた事もしばしば。
ではどのように今の形になったのでしょう
秘策があったのでしょうか?
 
そもそもカフェを設立したきっかけは、デイ・ナイト・ケア棟のメンバーさんが就労を目指す第1歩となるよう仕事の喜びや地域の方と触れ合えるように。そして、精神科の病院をちゃんと知って欲しい。お腹が痛いと言うような病気が、たまたま心だっただけ。病気はどれも同じ。知らないが故の偏見を少しでも取り除きたい。それらの想いからカフェ・プルミエはオープンしました。
カフェの運営には、メンバーさんが店内の清掃・庭の手入れなど社会復帰に向け取組み。料理は、デイ・ナイト・ケア棟の管理栄養士が担当。そこに地域の方が食事やイベントを楽しみに来てもらう。メンバーさんやカフェを通し精神科を知ってもらいたい。
だから、その為にはどうすれば良いのか
その想いをスタッフの方々を始めメンバーさんが揺るがず全うした結果、今のカフェ・プルミエがあるのだと思います。
想い続けると想いは、いつか繋がる
恒例となっている夏祭りに、地域の方をお招きしスタッフ自らおもてなし。
今では、お客様がお客様を呼び、店内でメンバーさんとお客様が同じ空間でお食事をされる光景もみられます
そして、ギャラリーやコンサートは地域の方の発表の場、表にあるバスケットコートでは子ども達が賑やかに遊ぶ姿もみられまさに地域に根付いたカフェ・病院になっています。
メンバーさんも、もちろん生き生きとお仕事されていらっしゃいます
カフェ・プルミエは、利用するみなさんの夢や希望・挑戦に向けたパイプ役となっています。
 
お洒落な明るい雰囲気のお店です。
お近くに来られる時があれば、足を運んでみてください。
石釜焼きの手作りピザ(日替わりメニューで毎日はありません)も最高ですよ
 
〒762-0023 香川県坂出市加茂町963
■ TEL 0877-48-2700
■ 定休日 土・日・祝祭日
■ 営業時間 11:00〜14:00
ランチ(1日限定20食)
 
大谷さんの次の目標は「メンバーさんがプルミエでの就労体験を経てお仕事の楽しさを知り、1人でも多くの方が本当の社会の中に入って活躍して欲しい」という事でした。
大谷さんのお話を伺っていると、本当にお仕事が楽しいんだなーって、今回も伝わってきました。
きっとメンバーさんにも、その想いが伝わっているでしょうね
otani_akemi_3.jpg
 
それでは、今日も晴れやかな1日となりますように〜
いってらっしゃい

おはようございます

先週に引き続き、今朝も雪ですねー
慣れない積雪に苦労された方もいらっしゃるのでは?
交通機関の乱れ等大変ですが、今日一日気をつけてお過ごし下さい

私も、先週土曜日の通勤は大変でした。
慣れない雪道の運転…。
前車の通った後を追いかけるようにソロリソロリ運転して道ばかり見てると…
突然「どすん!」っと車に大きな振動が
ひょえーって思わずハンドルを取られそうに。
上から信号の雪が落ちて来たー。
みなさん、頭上もお気をつけくださいね。(気をつけようがありませんが

そんな私も、職場に着いたら大はしゃぎ
学童の子ども達と「人型〜。」と雪の上で大の字。
その後は、びちょぬれでした(笑)


さてさて、前置きが長くなりましたが、今回のゲストさんも日々を楽しむ事が上手な素敵なスペシャリスト。
庶務課 係長でいらっしゃる大谷 由美(おおたに ゆみ)さんがお越し下さいました。

otani1.jpg


放送内容を、YouTubeで聴くことができます(^^)
ココロに効くラジオ 本日も晴天ナリ2014_02_14
http://www.youtube.com/watch?v=zYoA1JH9wEM

大谷さんとは五色台病院さんでの朗読会など、様々な所でお世話になっている方。
これまで何度とお会いしているんですが、いつも笑顔・笑顔・笑顔
そして、院内の事を細やか丁寧に教えてくださいます。
なので、てっきり病院設立からいらっしゃるのかと思いきや、なんと今年で9年目との事。
9年でも十分長いんですけど、颯爽と院内を歩くお姿やお仕事姿が素敵なので勝手に色々思い込んでおり…
思わず収録中に「えーっ!」って素で驚いちゃいました


五色台病院さんに入るまでは、酒屋さんで10年お仕事をなさっていたそうです。
それまで、経理なんてした事ない、家計簿も付けた事がなかった大谷さん。
五色台病院さんの求人に応募し、最初はグループホームの事務をされ、その後、医療事務→庶務課への配属となったそうです。
今では、庶務として院内が円滑に動くように管理し経理としてのお仕事もなさっています。


大谷さんに、お仕事で大切にしている事は?と伺ったところ
Noとは言わない。Yesで始める。」
「病院がどう動いているか常に把握」

と、お答え下さいました。

その意味は、皆の想いをいかに遂行できるかが庶務のお仕事。
なので、Noと思える事があっても、ただ、Noと言い切るのではなはく常に新しい提案をする。
その為に、普段から院内を歩き各部署の流れ(スタッフの健康状態・様子、患者さんの状況、備品について)を把握しているそうです。
「庶務の人間はみんなしてますよー。」っとサラッとお答え下さるところが、カッコイイですよね。

さらに、普段から心がけている事の一つとして
「空気を読む」
電話が鳴った時、自分が応対していなくても、どんな話をしているのか?と気にかける。
周りの動きはどうなのか?など、常にいろんな所にアンテナを張っている。
「これは、スタッフみんなしてますけどねー。」っとまた笑顔でサラリ。

そして続けて、「だから、仕事が楽しい。みんなも楽しいんじゃないかな。」
この最後の言葉って、なかなか言えませんよね。
でも、その言葉が言えてしまうのは…なぜ?

それは、院長から始まるポジティブシンキング。
失敗した事を怒るのではなく「失敗するのは仕方ない。なぜ失敗したのか。どうすれば良いのか。」を問う。
組織全体が前向きな考え故に、組織全体の空気が良い。
だから、スタッフにゆとりができ、周りへの気配りもできる。

なるほどー。

大谷さん曰く『1日の内の1/3は、仕事。だから楽しく仕事がしたい。』
お仕事・職場環境が楽しいのも事実ですが、楽しむ努力もされているように思いました。
例えば、日頃の健康管理。元気で笑顔でいる事。
「元気は伝染するから」とおっしゃっていました。

みなさん、改めて鏡で笑顔チェックしてみましょ!
今日も楽しく過ごせますように…。

このアーカイブについて

このページには、2014年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年1月です。

次のアーカイブは2014年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。