2014/06/27放送 J’sセラピーガーデンの新しい取り組み(2)

| コメント(0) | トラックバック(0)

おはようございます
みなさん、今回の放送はお聴き頂けましたか?
人生における名言の数々
永久保存版ですよ。
まさにココロに効くラジオな回だったと思います

ゲストは、看護師歴20年以上の高橋新吾さん(写真左)と山西昌二(写真右)さん。
前回に引き続きJ’sセラピーガーデンについてお伺いしました。

Blog_takahashi_yamanishi1.JPG

放送内容を、YouTubeで聴くことができます(^^)
ココロに効くラジオ 本日も晴天ナリ 2014_06_27
http://www.youtube.com/watch?v=_7PXJwgg5vg


ポニー、園芸(オリーブ)、キッチンガーデン、地域の憩いの場など様々な要素を持つセラピーガーデンですが、今回はガーデンの中でひと際目をひく陶芸釜(陶芸)についてのお話をお届け致しました。
 

kama.jpeg


五色台病院の近くを通られたら、ぜひ見て頂きたい存在感の陶芸釜。
実は手作り
釜の胴体の部分が120×120cm、煙突部分が5m
使われた煉瓦の数は、4,000弱。
しかも、これを2週間で造ったというんです。
今回の釜は今まで以上に見た目を重視し、外観のアーチ状の部分にかなりこだわったとか。
釜作りは今回が4個目(過去最大)とはいえ、釜職人ではないですからね…
一筋縄ではいかず完成までには何度とやり直しをしたそうです。
その甲斐あって、かなり見応えがありますよ。
初火入れは、9月頃の予定。

今日のキーワードは『やり直し』
釜作りでもそうですが、陶芸を通し大切な事を教えて頂きました。
精神科の作業療法において陶芸はポピュラーで、陶芸との向き合い具合で患者さんの状態が分かるそうです。
集中できている場合は、今の治療や日常生活がうまくいっている。
不安定な場合は、椅子に座る事も難しく、ねん土を触っていてもすぐに諦めてしまう。
また、完成した時の達成感(向上心を養う)や出来上がった物を家族にプレゼントする事で人との繋がりを感じ、同時に家族も現状の把握ができる。
といった事が陶芸から見えてくるそうです

その中で、作業療法プログラムでの陶芸で大切にしている事
それは…
あなたは、あなたの好きな様に創りなさい。
あなたの想いを好きな様にぶつけて創る。
しかし時として、コップがお皿になる事がある。
その時に、「こうしたら良いよ。」と言う手助けをする。
全体の指導ではなく、サポートをする事。


また…
教えている時間以外でも陶芸を常に作品を作っています。
気候や火の入れ具合で出来上がりが違い、失敗もします。
しかし、その失敗があるから(知っているから)教える事ができる。
これらの事は陶芸だけでなく、仕事においても言えると言います。
・私たちの仕事は、メンバーさん・患者さんが向かおうとする方向性への手助け。
・この治療をし、こうすれば必ず同じ結果がでると言うものではない。
 人それぞれに個性があり環境が違う、それによってアシストの方法も違う。
 だからこそ同じ事はなく追求したくなり、この仕事の魅力に繋がる。

とお話して下さいました。

そして最後に、
【陶芸は人生と同じ】
いくらでもやり直せる。
釜に入れ火を入れるまでは100回でもやり直して良いんだ。
ヒビが入って割れてしまったら粘度に戻し繰り返し創り直せる。

人生と同じ。
どこで失敗しても良い。
何度でもやり直せる。
棺桶に入るまでの時間は十分にある。

と…。


いかがですか?
みなさんにとって今日が晴れやかな1日となりますように。



番外…
前回ご出演くださった金岡さんと高橋さん・山西さんは、20年以上の同志。
みなさん個性は違えど、心は少年。そこに3様の人生経験から得た知識が合わさるので、発想がおもしろい。
今は、五色台病院ならではの土を改良中とか。
 

Blog_shugo.JPG


実はスタジオでのオフトークが盛り上がりました。
いつまでの少年な遊び心。
本当に素敵な方々でした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://fm815.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/67

コメントする

このブログ記事について

このページは、津川 明美が2014年6月27日 08:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2014/06/13放送 J’sセラピーガーデンの新しい取り組み(1)」です。

次のブログ記事は「2014/07/11放送 楽しくて効果的な作業療法プログラムを作る」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。