2014/07/11放送 楽しくて効果的な作業療法プログラムを作る

 おはようございます

台風8号の影響が気になりますが、みなさんの周りは大丈夫ですか?
香川県はさほど影響は無かったようですが、他の地域にお住まいの方、まだまだ、雨・風・河川の増水など十分お気をつけください。
また、通勤・通学など外出をされる方は、くれぐれも無理をなさらないよう時間にも十分余裕をもってお出かけください


では、今日もブログ進めていきますねー


突然ですが

みなさんのリフレッシュ方法ってなんですか?

● 友達とご飯に行く

● スポーツ

● 家族との団らんの時間

…などなど様々だと思います。


ちなみに私は、海でボーッとしている時間かな?
でも家族や友達と話しているのも大切。いろいろあって1つは難しいなー。
と言うように、いろんな形で自らリフレッシュ出来る様になっていると思います。
しかし、心が病んでいくとそういった事が自分で出来なくなってしまう…。
その原因は様々で、いつ誰がなるかも分からない。
病気ですからね。

そんな時に、様々なプログラムを提案し精神疾患によって失った自信や自尊心を取り戻そうとサポートしてくださるのが精神科の作業療法士さん。
今回の放送は坂出駅南口を出てすぐにある坂出メンタルクリニック デイ・ケア『コラゾン』で作業療法士をなさっております、南哲平(みなみ てっぺい)さんにお話を伺いました。

minami_trimmed.jpg

放送内容を、YouTubeで聴くことができます(^^)
ココロに効くラジオ 本日も晴天ナリ 2014_07_11
http://www.youtube.com/watch?v=ZVVOOa_Cu1c



南さんは、作業療法士9年目の32歳。
とっても爽やかで、少女漫画に出てくる様な…

「名前からのイメージでしょー」っと、ご本人には笑われてしまいましたが

☆そんな南さんがお務めになっている「コラゾン」は…?
精神科を退院された方が自宅療養の中でデイ・ケアに通い、共同生活やプログラムに参加する事で、失われた自信や自尊心を取り戻し社会復帰までのケアをする場所。
作業療法士さん以外にも、看護師・社会保険福祉士などがいらっしゃりスタッフは4名、メンバーさんは約30名。


☆そして、南さん(作業療法士)のお仕事は…?
各メンバーさんに合ったプログラムをつくりメンバーさんのケアをする事。

☆現在力をいれているプログラムは…?
アクセサリーや革細工作り。メンバーさんによって作られた作品は、外来で展示販売を行なっているそうです。



精神疾患を患うと、どうしても社会との繋がりが薄れてしまう。
その部分を打開するために、この様なプログラムが生まれたと言います。
自分が作った作品を展示・販売する事で、地域の方が【見に来てくれる。身につけてくれる。】地域との繋がりを感じてもらう事ができる
実際にメンバーさんからも「地域の役に立っている」と感じている声もあるそうです。
そうやって、少しずつ地域と繋がる喜びと自信を取り戻す事に取組まれているそうです。
しかし、全てのプログラムが毎回良い様に進むわけではないようで。
「これまでに失敗したプログラムもたくさんありました。」と南さん、苦笑しながら教えてくれました

「プログラム自体に治療効果があっても、メンバーさんが『楽しい』と感じてくれないと治療効果が充分にでない。同時に、楽しくないとプログラムに参加しなくなる。メンバーさん全員が楽しいと感じ尚かつ治療効果の高いものを考えるのが難しい。」
なので、プログラムを考える時は1人1人のお顔を思い浮かべながら作られるそうです。
そのアイデアは「コラゾン」のスタッフにも相談、実施前には1人でこっそり練習しているそうです。
これから、どんなプログラムが誕生するのか楽しみ〜


続いて、ご家族への対応について
精神疾患で悩んでいるのは、ご本人だけではありません
そしてご家族や周りの方の理解がないと治療効果もあがりません。
デイ・ケアで関わる時間は限られ、お家での時間の方が長い。
その為、悩まれているご家族とはスタッフ全員で一緒に考え、疾患への対応や服薬の指導など、ご家族の気持ちが楽になるまで対応されているそうです。
その方法は、面談、お電話、ご家族を含めて主治医の診察など様々。
そのご家庭にあった方法で一緒に考えてくださると安心ですよね

最後に、このお仕事で一番うれしかった事を南さんにお伺いしました…。
「プログラムにメンバーさんが楽しそうに参加され、同時に治療効果が見えた時は『ヤッター!』って嬉しくなります。これからも少しでもメンバーさんの力になれるよう頑張りたい」っとおっしゃっていました。
 

akemi_minami2.jpg
普通に笑っていられる今がとても有り難いんだと、お話を伺いながら感じました
南さん、ありがとうございました。
そして、みなさんにとって今日もたくさん「笑える」日となりますように。
十分に気をつけて、心と時間の余裕をもってお出かけください

 

このブログ記事について

このページは、津川 明美が2014年7月11日 09:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2014/06/27放送 J’sセラピーガーデンの新しい取り組み(2)」です。

次のブログ記事は「2014/07/25放送 認知症に対する理解を深める(1)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。