2014/07/25放送 認知症に対する理解を深める(1)

おはようございます

みなさん、体調はいかがですか?
毎日の暑さで体調を崩される方が私の周りで多いです
こまめな水分補給、室温調節、十分な食事と睡眠を心がけ、暑い夏を乗り切りましょうね
 
さて、今日のテーマは『認知症』
 
先日、7月22日の四国新聞の記事にも
 
「香川県内の65歳以上の認知症高齢者数は2015年に3万人となり、初めて高齢者人口(29万3千人)の1割を突破することが、県の試算で分かった。25年には3万9千人に増えるなど、状況が深刻化することが見込まれる。」
「高齢者に占める認知症者の比率は10年が9・5%、15年は10・2%、25年にはさらに12・8%となると予測している。」

という内容が書かれてありました。
みなさんにとっても関心の高いテーマではないでしょうか?
 
そこで、今日は坂出メンタルクリニック 重度認知症デイ・ケア「サンテ」で作業療法士をなさっている辺見 佳壽子(へんみ かずこ)さんに「認知症について」お伺いしました。

henmi1_blog.JPG
放送内容を、YouTubeで聴くことができます(^^)
ココロに効くラジオ 本日も晴天ナリ 2014_07_25
http://www.youtube.com/watch?v=NEGo7LhgGnk



 
まず、認知症は精神疾患に含まれますが、「年齢を重ねるとなる」という訳ではない。
ただ、年齢を重ねると、認知症になるリスクが上がると言われています。
若年性認知症というのもありますからね。
次に、認知症とアルツハイマーって同じだと思っていませんか?
実は、違うんだそうです。
認知症には、様々な種類がありその中にアルツハイマー型認知症というのがあるそうです。

では、次に気になるのが【認知症ってどうしてなるの?】じゃないですか?
認知症は、脳の萎縮の問題だそうです。
それによって、「もの忘れ(同じことを何度も聞きかえしたり、置き忘れ)」などの症状が引き起こされるそうです。
そして【認知症は良くなるのか?】
認知症の治療では、薬物療法で脳細胞の働きやすい環境をつくり、リハビリテーション療法で使われていなかった脳細胞を目覚めさせ、なくなった細胞の代わりをさせます。つまり薬物療法とあわせてリハビリテーションを行うことで、より効果をあげることが認められています。(坂出メンタルクリニックHPより)
また、辺見さんのお話の中でも、その効果は発見が早ければ早いほど良いとおっしゃっていました。
 
★早期発見のためのサイン…
◯もの忘れ
通常の「もの忘れ」の場合、時間の経過や他者からのキーワード・きっかけにより思い出したりしますが、それでも思い出せない。
◯今まで出来ていた事ができない
◯同じ事を繰り返し行なう(言う)
これらのサインがみられたら、一度受診をしてみてください。

★受診の流れ
医師の受診→身の回りの自立度など認知症の度合いを計る検査
それによって、認知症有無&レベルが分かるそうです。
ご本人はもちろん、ご家族の為にも気になる場合は早めに受診がいいですね。
 
辺見さんがお務めの「サンテ」は重度認知症デイ・ケア施設。
重度認知症というのは、「正確な区切り」があるというよりはご家族や医師の判断によるもののようです。
規定としては、「身の回りの自立度」のランクの位置づけを見るため、必ず医師の受診が必要となります。
 
これまで、認知症に対して漠然としたイメージしかなく、私の場合「あきらめ」に近い思いしかなかったのですが、今回 辺見さんのお話を聞き、認知症に対する輪郭のようなものが見え、さらに「認知症に対する手だてがある」と言うのを知り想いが変わってきました。
みなさんはいかがでしたか?
 
次回も「認知症について」より深く辺見さんに伺っていきますので、一緒にお勉強していきましょ
 
最後に辺見さんについて…。
精神科の作業療法士になられて6年目。重度認知症デイ・ケア「サンテ」に来られて今年で2年目だそうです
「重度認知症に移られて、患者さんへの対応に何か変わりましたか?」との質問に
『私がお仕事をする相手は常に人。病気のくくりではなく、人として接するので差はないです。』とサラッとおっしゃって下さったのが、かっこよかったです
ちなみに趣味は、釣りとゴルフだそうです
 
それでは、今日もみなさんにとって晴れやかな1日となりますように。
いってらっしゃい

このブログ記事について

このページは、津川 明美が2014年7月25日 07:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2014/07/11放送 楽しくて効果的な作業療法プログラムを作る」です。

次のブログ記事は「2014/08/08放送 認知症に対する理解を深める(2)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。