2014年12月アーカイブ

おはようございます

早いもので、今年もあとわずか…一週間を切っちゃいましたね。
みなさん、一年を振返ってみていかがですか?
例えば、今年を漢字一文字で現すと?

私は迷うの「迷」
一年を通して今年も楽しかったですが、「やめる?続ける?」「これからどうする?」と言うような事を考える(選択する)年だったように思います
この、漢字一文字表現、いろんな人に聞くと同じような状況でも表現が違ってたりするので、周りの人に聞いてみると面白いですよ?

では、今日も本題へと参りましょうか

今回も前回に引き続き、五色台病院で患者さんの毎日のお食事を担当されている、管理栄養士の多田羅千秋(たたら ちあき)さんと、調理師主任の三木まゆみ(みき まゆみ)さんにお話を伺いました。
 

IMG_7212_blog.jpg
(写真左)三木さん (中)多田羅さん



放送内容を、YouTubeで聴くことができます(^^)
ココロに効くラジオ 本日も晴天ナリ 2014_12_26
http://www.youtube.com/watch?v=y2JMbLR0iIw

前回は、お二人に「食事とは?」についてでしたよね。
今回は、お二人の「お仕事で大切にしていること」について伺いました

まずは、

Q:多田羅さんのお仕事で大切にしている事は?
A:献立を組み立てる中で、「ごちゃごちゃしたものばかりの献立にしない」という事です。
例えば、お肉とお野菜を炒めたものをメインにするならば…他は、「ほうれん草+おかか」や「なすを乱切りにしたもの」など、見た目が同じ様なお料理を並べないよう気をつけています。


Q:なぜ?
A:食は、まず目で食べるとよく言われますよね?
見た目で食欲を刺激し、それから食べて口で味わうと思うので、お料理の見た目は大事ですね。


続いて、
Q:三木さんの大切にしている事は?
A:基本、味付けは管理栄養士さんによって調味料の分量も決まっているのですが、ただ指示通りに作るだけじゃなく、自分達で味をみて、自分の味で食べてもらう。そこで違うと感じたら意見を聞いて少しでもおいしいものを食べてもらえるように心がけています。

では、管理栄養士、調理師の目から見てお互いどう感じているのか?
管理栄養士→調理師

A:調理師15人が苦手分野・得意分野をそれぞれ生かし、お互いがフォローに入り時間に合わせお料理をまとめあげるのは、すごいですね。また、指示通りに作るだけじゃなく自分達でも味をみてくれ、献立にも反映されるのでありがたいです。縁の下の力持ちです!

調理師→管理栄養士
A:1ヶ月の献立(朝・昼・夜)を出してくれる時に、作業の手間を配慮した献立作りをしてくれるのは、助かります。
他にも、忙しい時などは管理栄養士さんも自ら片付けなど率先して手伝ってくれるので、本当に有り難いです。

 

IMG_7215_blog.jpg

と、いうように患者さんはもちろん、スタッフ間でも互いを大切にお料理作りされていらっしゃるというのが、よく伝わりますよね?
前回から引続きお二人にお話を伺っていますが、お食事・お料理って奥が深い
ただ調理をするだけじゃなく、お料理の向こうにいらっしゃる食べる人の事をどれだけ考え作れるか。そうやって作る事によりお料理がより温かく美味しいものに変わっていくんですね

愛ですね

と、きれいにまとまった所で(笑)今年のブログ、終了です
みなさま、今年もお付き合い頂きまして本当にありがとうございました。
来る年が皆さまにとりまして、より素敵な年となりますように…。
良いお年をお迎えくださいませ

おはようございます

寒い寒いと言っておりますが、今週末は寒気が一気に流れ込み一段と冷え込むようですね
こんな時は、温かいお食事が恋しくなりますね
食事って単にお腹を満たすだけじゃなく、元気の源
体はもちろん、心も元気にしてくれます。

そこで、今日は五色台病院さんで患者さんのお食事を担当されている、管理栄養士の多田羅千秋(たたらちあき)さん(10年目)と調理師 主任 三木まゆみさん(16年目)にお話をお伺い致しました。

IMG_7202_blog.jpg
(写真左)三木さん (右)多田羅さん

放送内容を、YouTubeで聴くことができます(^^)

ココロに効くラジオ 本日も晴天ナリ 2014_12_12
http://www.youtube.com/watch?v=hUbHHuoTdto

Q:毎日どのくらいのお食事を作られているんですか?
A:入院患者さんとデイ・ナイト・ケアのメンバーさん、合わせて350〜400食です。

Q:献立はどのように作られるんですか?
A:1ヶ月分の献立を一度に立てます。 まずは、普通食を作り、その後に病状に合わせ食材や塩分調整などをした献立作り。その後、咀嚼や呑込みの難しい患者さん様の献立を作ります。

Q:何人でどのようなお仕事内容なんですか?
A:管理栄養士3名が、それぞれ1ヶ月分を担当し1人で献立作りから発注・帳票類の作成を行ないます。

Q:調理はどのようにされているんですか?
A:昼食は10名で3時間かけて作ります。夕食は8名で14:00〜4時間で作ります。実際の調理は2名、後は盛りつけなどの業務を行ないます。

ここまでのお話だけでも聞いてて驚きの連続
私には想像も出来ない気が遠くなる作業…
毎日の夕飯のメニューを考えるだけでも、憂鬱になるのに。
本当、頭が下がります。

そんな、食のプロに「食事とは?」についてお伺い致しました。

IMG_7185_blog.jpg
◯多田羅さん
食事と言えば、子どもの成長ですね。
私は子どもが3人いるんですが、食事は子どもの成長には欠かせない大切なものです。
私の話で言えば私は未熟児だったんです。
そんな私を心配し母は、お水代わりに牛乳を毎日飲ませてくれました。
その御陰で子どもを産んだ今でも骨密度は120%!!
普通は、出産すると骨密度は低下するんです。
骨密度が低くなったからと、20歳を過ぎてたくさん飲んでも、あまり効果はありません。
カルシウムを溜めにくくなっているので。
やはり、成長期に摂取する事が大切なんです。



IMG_7205_blog.jpg
◯三木さん
食べる事は一番人間にとって大事な事だと思う。
それを、いかに美味しく、また、きれいに盛りつける。彩りにも気をつけ、美味しそうに作るという事が一番かな。
さらに、家族団欒でみんなで食事を楽しめるって言うのが良いと思います。

 

それぞれのお立場ゆえのお言葉ですよね
毎日当たり前の様に食べる食事。ついついお腹を満たす事として捉えがちですが、食事は体を強くしてくれると同時に、食事を通してコミュニケーションも生まれます
こんな寒い日だからこそ、ご家族と大切な方と温かいお食事を囲んではいかがでしょうか?
また、いつも食べているお食事を見直すきっかけになったら嬉しいです。

では、今日はこのへんで
次回もお食事についてお二人にお話をお伺い致します

このアーカイブについて

このページには、2014年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年11月です。

次のアーカイブは2015年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。