2015/02/13放送 事務課スタッフに聞く五色台病院の良さ(1)

おはようございます

まだまだ寒いですが節分も終わり暦では立春。
少しずつ春が近づいています

と言っても、体感的にはまだ冬ですが…
しいて言うなら日が長くなったって事かな?
みなさんはいかがですか?
暖かくなったら何しようかなー

では、今日の本題に参りましょうか。
今日は、五色台病院の裏側を知り尽くした事務課のお二人にお話をお伺い致しました。
事務部長の玉川真一郎(たまがわ しんいちろう)さんと庶務課長の村垣学(むらがき まなぶ)さん。お仕事内容や、五色台病院ってどんな病院なの?って聞いちゃいました。

 

muragaki_tamagawa_blog1.jpg
(写真左)村垣さん (右)玉川さん


放送内容を、YouTubeで聴くことができます(^^)
ココロに効くラジオ 本日も晴天ナリ 2015_02_13
http://www.youtube.com/watch?v=Q_0SJIWKAN0


Q:庶務課のお仕事はどんなの?

A:給料などのお金関係や病院届出書類の作成。院内の修理など、病棟から言われる事は何でもするという思いで働いています。

Q:スタッフは何名?

A:11

Q:事務課ってどんな課があるの?

A:庶務課・医療事務課・医療相談課・給食課があります。

Q:事務課全体でスタッフは何名?

A:五色台病院の院内では40

Q:事務部長さんのお仕事ってどんな事するの?

A:事務全体の管理や人材採用で求人の申込みに学校を廻ったり、人事採用で面接をしたりもします。

Q:面接の際に人を見る基準ってありますか?

A:話してて気持ちの良い方ですね。お客様が対応されて気持ちが良いと感じないと良いサービスを提供しても、そうは感じてもらえないですからね。

Q:病院の裏側まで知り尽くしたお二人。

   もしお客様に「五色台病院ってどんな病院ですか?」と聞かれたら何と答えまますか?

A:(村垣さん)笑顔溢れる病院。県内でNo.1と自負しています。設備やハード面(牧場など)も新しいものを取り入れスタッフのモチベーションもアップしています。

A:(玉川さん)病気で苦しい思いをされている時、五色台病院に来て少しでも早く良くなる様にと理事長からの考えで様々な巧知を考えて出来る限りサポートできる病院なので、本当に治療を考えている方にオススメの病院だと思います。

 

どうですかこの言葉
自信に満ちあふれていますよね
これ、番組だからじゃないんですよー。
打ち合せや番組終了後も終始こんな感じでお話されていました。
自分の職場をここまで胸を張って「最高!」っと話せるって、羨ましくさえ感じます。
それだけ、職場を愛してるって事でしょ

みなさんの職場はいかがですか?
職場の良い所いくつ挙げられますか?
主婦の方はご家族や旦那さまの良い所、学生さんは学校の良い所…。
それぞれ挙げてみるのも楽しいかもしれませんね
何か発見があるかもしれません

それにしても、この想いの源って何なんでしょう?
それは、次回じっくりお届けしますね。
というところで、今日はここまで
みなさんにとって、今日も晴れやかな日となりますよーに

このブログ記事について

このページは、津川 明美が2015年2月13日 09:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2015/01/23放送 精神保険福祉士・藤田さんが考える「障がい」とは…?」です。

次のブログ記事は「2015/02/27放送 事務課スタッフに聞く五色台病院の良さ(2)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。