2015/03/13放送 子育てと仕事の両立を応援する五色台病院

| コメント(0) | トラックバック(0)

おはようございます

3月も2週目に突入。
早いですねー。

そして、この時期は進学・転勤・異動などワクワク★ソワソワする季節。
また、年度末の締め作業に追われる季節
私の周りも賑やか&慌ただしくになってきました
みなさんの周りはいかがですか


さて、今日は五色台病院さんで子育て事情について。
子育て真っ最中の筒井佳代理(つついかより)さんをお迎えし、家事とお仕事の両立についてお伺いしました。
 

IMG_7746_01.jpg
放送内容を、YouTubeで聴くことができます(^^)
ココロに効くラジオ 本日も晴天ナリ 2015_03_13
http://www.youtube.com/watch?v=ulxb0cPG_uM


まずは、番組内容を振り返っていきたいと思います。

Q:医療相談課のお仕事について教えて下さい。
A:退院業務や社会支援の相談とか、いろんな相談援助をさせてもらっています。

Q:お仕事してどのくらいですか?
A:15年になります。

Q:子育て真っ最中(小学2年生の女の子と年中さんの男の子)、お仕事とご家庭の両立は難しくないですか?
A:子どもがで出来てからは、妊娠中、「体調が悪かったら休んで良いからね。」と声をかけて頂いていたので、妊娠中も休んでいいんだと安心感でお仕事ができました。産休、育休も子どもが1歳になるまでは取れると言ってもらっていたので、安心して出産できましたし、子育てについても短時間勤務をさせて頂けると聞いていたので、感謝しています。

Q:具体的に産前・産後の休暇はどういう風になっているんですか?
A:産前は6週、産後は8週だったと思います。たぶん・・・(汗)
そのまま育休に入れて、育休は子どもが1歳になるまで。
保育所が見つからなければ半年延長が出来るので最長1年半まで取れます。


Q:お休みは快く取らせてもらえましたか?
休暇を取った時、自分の戻る場所はあるのか?と不安になりませんでしたか?
A:安心して働かせてもらっています。
1年間というブランクがあって、前の様に本当に働けるのだろうか。本当に場所はあるのだろうか。という不安もありましたが、それは、本当に快く「おかえり」という形で迎えてくれたので、とても有り難かったです。
「戻って来てくれて心強いです。」と同僚から言ってもらえ、自分自身、逆に心強かった。


Q:現在は短時間労働をされているということですが、その内容は?
A:通常8:30〜17:30が、今は9:00〜16:00で働いているので、家の事もゆっくりできます。

Q:周りのお友達にも共働きの方はいらっしゃると思いますが、いかがですか?
A:友達にも共働きの人いますが、17:30とかに仕事が終わって帰ったら本当にバタバタで子どもと話す時間がない。とか料理も適当な料理しかできないという話をよく聞きます。


といった感じで現在のお仕事状態をお話して下さいました

IMG_7749_02.jpg



核家族が増え、共働きも多くなりました。
共働きで子育てをするのは、本当に大変だと思います
それは、日々学童保育で様々なご家庭を通し感じます。
(私、普段 学童保育の指導員をしているんです。)

大人も大変だけど、子どもも大変。お互いなかなか落ち着けませんからね。
子どもは放っといても成長しますが、どう育つかは、やはり親のサポートが必要です。温かい手料理が食べられる。ちゃんと話を聞いてもらえる。
親が自分をちゃんと見てくれているかどうか、子ども達は日々確認しています。
そうした確認作業を通し自尊感情が養うのだと思います。

五色台病院さんのように会社がサポートしてくれると、安心して働けると同時に、そこで働く家族も会社を大切にしようと感じるのではないでしょうか?

 

五色台病院さんは、香川県の”子育て・介護”応援企業の認定をうけています。
認定企業については、コチラ↓をご覧下さい。
http://www.pref.kagawa.jp/rosei/fukushi/mark-jigyousyo.html

 

といったところで、今日はおしまい
みなさん、また次回お逢いしましょう。
今日も晴れやかに過せますよーに

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://fm815.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/84

コメントする

このブログ記事について

このページは、津川 明美が2015年3月13日 09:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2015/02/27放送 事務課スタッフに聞く五色台病院の良さ(2)」です。

次のブログ記事は「2015/03/27放送 県外から来てがんばる精神保健福祉士・古賀さん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。