2015年5月アーカイブ

おはようございます

今回は、五色台病院の1病棟で看護師をなさっている北岡忠義(きたおか ただよし)さんと安井美子(やすい よしこ)さんにお話をお伺いしました。

IMG_8064_blog.jpg
(写真左)安井さん(右)北岡さん

以前当番組で、五色台病院の新しい取組みとして、
家庭的で日常生活に近い環境を院内に取り入れることで、
患者様のココロにより深く寄り添う「ユニットケア」についてご紹介しました。

(2014年9月12日放送分)
http://fm815.com/b_seiten/2014/09/post-10.html

(2014年9月26日放送分)
http://fm815.com/b_seiten/2014/09/20140926.html

その際の放送では、認知症&精神疾患の慢性期の患者さんが入院している3病棟の様子についてお伝えしましたが、今回は、より重度でご高齢の患者様が多い1病棟における、ユニットケアの取組みについて、お話を伺っております。

放送内容を、YouTubeで聴くことができます(^^)
ココロに効くラジオ 本日も晴天ナリ 2015_05_22
http://www.youtube.com/watch?v=9xoU0LNnlEs

2年前に1病棟の中で「ユニットケア」を取り入れることになり抜擢されたお二人。
以前にも4年程同じ病棟でお仕事された経験があり、息もぴったり
名コンビで現在ご活躍されていらっしゃいます

「良くも悪くも良いコンビですよー(笑)」と和やかに始まりました。

IMG_8069_blog.jpg


それでは、番組の内容をご確認ください。

Q:1病棟では、寝たきりの方や車いすを利用されている方が多いとお伺いしましたが、その中でもユニットケアは効果的なんでしょうか?また、どのようにユニットケアを進められているのかを教えてください。

A:(北岡さん)私も正直、最初はご高齢の方が多く寝たきりの方や車いすを利用されている方が多い中でユニットケアは効果的なのか?と、ものすごく自問自答しました。でも、取り入れてみると、ユニットケアにもいろんな要素があり、たくさんレクリエーションを取り入れる事もユニットケアですが、そうではなく、少しでも患者さんに寄り添い患者さんのお部屋でいつもスタッフが一緒にいて、看護記録を書くにもこれまでのようにナースステーションに戻り看護記録を書くのではなく、患者さまの近くで書く事だけでも充分なユニットケアとしての要素を満たしてるんじゃないかな。とユニットケアに取り組み始めてしばらくして少しずつ分かってきました。

 

Q:実際にどのような工夫をなさっているんですか?

A:(安井さん)できるだけ患者さんのところへ行って声をかけるようにしています。

 声をかける事で安心感が生まれます。ただ横をぼーっと通り過ぎるのではなくて、「おはようございます。」と声をかける。顔と顔がつくぐらいの中で患者さんの表情をみると言う事を第一にしています。

 

Q:ユニットケアを始めて2年と少し、患者さんに変化はありましたか?

A:(北岡さん)以前、私が初めて1病棟へ行った時は、スタッフが患者さんに名前で呼ばれる事がほぼ無かったと思うんですが、ユニットケアを始めスタッフがユニットに就くようになってからは、「患者さんが名前で呼んでくれた。」というスタッフも増え、「◯◯さん、今日は休みじゃないの?」なんて、スタッフへ声をかけてくれるようになったりと、まさに近くにいる効果なんじゃないかなーっと感じます。

  (安井さん)患者さんの表情が変わったように思います。声がけしなくてでも、そばに立って顔を覗き込んだだけでも、目が立っている方へ動いたり、表情がやわらかくなったりします。また、話しかけると片言でも声をだそうとしてくれるようになりました。また、そばにいるから、スタッフもそういった変化に気付けるようになったと思います。

 

Q:ユニットケアというのは、ユニットごと(グループごと)にスタッフさんは決まっているんですか?

A:(北岡さん)原則には、各ユニットでそれぞれ同じスタッフが関わるようになっています。

 

Q:ご家族さんの変化はいかがですか?

A:(北岡さん)ユニットケアを始めるまでは、ご家族さんが来られても荷物だけを置いて帰られる方が多かったですが、ユニットケアを始めてからは、荷物を持って来られたご家族さんが椅子に腰掛け一緒に話したり、おやつを食べて帰られる方も少しずつ増えて来ている現状です。

  (安井さん)患者さんの情報をできるだけご家族さんにお伝えする様にしています。具合の悪い事もすぐに電話でお伝えしますが、良い事(良い様に変化した事)をできるだけご家族に伝えてあげるようにする。

 ご家族さんが患者さんとここに来た時は、もう家で看られないと大変な想いで来られていると思うので、「こんな風に変わりましたよ。」と、できるだけ良い様に変化した事をお伝えしてあげる。そうするとご家族さんも「良かったです。」と言って帰る。そうした想いで帰った足が次の一歩に繋がって病院へ来る距離が縮まるんじゃないかなと。できるだけ空いた時間に患者さんに会いに来て欲しいと思うので、なるべく良い事を伝えるようにしています。

 

と、お話して下さいました

これまで、ユニットケアと言うのは各患者さんの趣味嗜好に近い環境で、よりくつろげる空間作りとばかり思っていましたが、そうではなく患者さんにどう寄り添い過ごすのか。それこそが、ユニットケアの本質なのだと言う事を教えてもらいました。

次回は6月12日(金曜日)。
次は「高齢化社会」がテーマだとか…。
どんな話が伺えるのか、今から楽しみです
その他、みなさんが聞きたいテーマや質問などがあれば、気軽に番組までお寄せください。
よろしくお願い致します。

 

それでは、今日はこのへんで

今日もみなさまにとって晴れやかな1日となりますよーに

おはようございます

みなさん、GWゆっくり過せましたか
お出かけされた方も多いのでは?
また、一方でずーっとお仕事だったと言う方も…。
お疲れさまでした

私は6日だけお休みだったので、ボーッとあてもないドライブへ行き、通りかかった海で貝殻拾いをしてきました

さて、今日は五色台病院 副院長の繁 昌和(しげ まさかず)先生にお越し頂きました。

shige_akemi_blog.jpg
放送内容を、YouTubeで聴くことができます(^^)
ココロに効くラジオ 本日も晴天ナリ 2015_05_08
http://www.youtube.com/watch?v=BX1avf8ltHg

それでは、番組内容をご紹介していきますね。

 

Q:繁先生のお仕事内容は?
A:五色台病院には副院長が3人いますので、それぞれが役割分担をしそれぞれ委員会にも属しています。なので、それぞれがそれぞれの仕事をしています。
 おもに、感染委員会をかねたり、褥瘡(じょくそう)委員会にも属しています。褥瘡とは、床ずれのことで、褥瘡委員会とは、床ずれの予防の為に様々なプランを立てるんですが、それをチェックする係の事です。
 また、病棟としては、主に1病棟を担当していまして特殊疾患療養病棟と言いまして、ほぼ寝たきりに近い状態の人を診ています。(入社してから25年余りその病棟を診ていらっしゃるとの事)

Q:ずっと1病棟を診ていて気付くことは?
A:昔に比べて内科的な合併症(高血圧だったり糖尿病などに加え精神症状を合併している)の方が増えているように思います。

Q:今どのくらいの方がいらっしゃるんですか?
A:定員60床ですが、ほぼ60床入院されています。みなさん高齢というわけではなく、一部50代の方もおられますが、ほぼ70・80代の方だと思って頂いていいです。

Q:内科的な処置はどのように行なっているんですか?
A:うちの病院でできる医療は限られています。総合病院のような高度医療はできないんですが、最初に入院される時に本にも家族にも「うちではここまでの医療しかできません。大丈夫ですか?」というお話をし納得された方が入院されています。総合病院で入院され高度な医療の段階が終わって、そんなに高度な医療を必要としない方がこちらに来て入院生活をされている方が多いです。

Q:入院生活の長い方でどのくらいになりますか?
A:えーっとですねー。転移されて来たというより、もともと精神科疾患で入院されていた方が歳をとって身体合併症を患ってという方になると30年の方もいらっしゃいます。そうなると、もー、家族のような付き合いです。

 

ここからは、精神科歴30年の医師生活から感じる精神科の変化について伺いました。

 

Q:時代とともに精神科に対する変化は感じますか?
A:昔はかなり精神科に対する偏見が強かったように感じますが、それは最近減って来ているという風に感じます。
 特に、僕は坂出市のメンタルクリニックに行っているんですが、そちらの患者さんと接していると偏見はかなり少なくて気軽に相談に来られる方が多いです。

Q:精神科に対して周りの理解が深まったと同時に精神科の病気が増えたような気がするんですが…?
A:はい。確かに増えましたね。また、患者さん自身も精神科の病気に対する知識を持っておられる方も増えましたし、薬についても知っている方もおられるので、対応の仕方が難しくなったかなっとも思います。

 

最後に、この時期は5月病という言葉があるように、体のだるさややる気が出ないというお声を耳にします。
そこで、繁先生からこの時期を乗り切る方法を伺いました。

 

A:一番いいのはストレスをためない事。何か気分転換できる事などを見つけられるといいですよねー。

 

との事。

そんなの分かってる。けど出来ないの。

と言う方もいらっしゃるかもしれません

忙しくなかなかストレスを発散する方法が見つけられない、また、何をしていいか分からないと言う方もいらっしゃるかもしれません。

そう言った方に、きっと何かを始める第1歩を踏み出してみては?っと優しく言ってくれている様に感じました

 

難しいと思いますが、お散歩をしてみる。ベランダでボーッと空を眺めてみる。好きな音楽を探してみる。
美味しいものを探しにいく。本を探しに行ってみる。日記を書いてみる
なんでもいいと思います。
まずは、頭に思いついた何かを始めることからしてみてはいかがでしょうか?
忙しい時の私のリフレッシュ方法は、お風呂に浸かって朗読する事です
声を出すって気持ちいいですよ

akemi_shige_blog.jpg

次回も繁先生と同じ1病棟の方が来て下さる事になっています。
どんなお話が伺えるのか楽しみです

 

それでは、
今日がみなさんにとって晴れやかな日となりますように。
そして、台風が発生しているとお天気予報ででていました
今週末から来週頭にかけて、近県の方はご注意くださいね

このアーカイブについて

このページには、2015年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年4月です。

次のアーカイブは2015年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。