2015/11/27放送 薬局長・若山さんはシステム担当としても大活躍!

| コメント(0) | トラックバック(0)

おはようございます

いっきに寒くなったからか…
昨日は訃報が重なる1日となりました
こんな事、初めてで…気持ちがずっとサワサワ。
「命」とか「生きる」とか…そんな事も考えちゃいました。
すみません。
しんみりしちゃいましたね。

でも、今日のゲストさんのお話を聞いてると元気になりました。
ホントに
そんなパワーを与えてくれるお話。ぜひ聞いて(読んで)みてください。

 

本日は、五色台病院で薬局長をなさっている若山 洋介(わかやま ようすけ)さんにお話をお伺いしました。

IMG_8589_blog.jpg
放送内容を、YouTubeで聴くことができます(^^)
ココロに効くラジオ 本日も晴天ナリ 2015_11_27
http://www.youtube.com/watch?v=-5G6t_VQOIM

Q:どんなお仕事をなさっているんですか?
A:まずは、調剤ですね。薬を取り集めたり粉を混ぜたりと言った事。そして間違いが無いように処方されたお薬を確認する事というのが主な仕事になります。

Q:薬っていろんな種類があるし、どんどん増えていっているんですよね?
A:はい。でも、そこについて行ってこその専門家だと思うので、どんどん増えて行くのは大変ですけれど、勉強して薬剤師としてやっていけたらなと思っています。

Q:薬剤師になろと思ったきっかけは、何かあるんですか?
A:きっかけは、僕自身がアトピーと喘息という病気をもっていまして、それを治す薬を自分で作れたら…。という思いから薬剤師を目指しました。

最終的には研究室で充分な研究もできたので、今は病院薬剤師として働いています。

Q:薬の研究ってどうやってなさるんですか?
A:僕の場合は、やはり薬ですので安全性とか効果を確かめる為に、まずは細胞を使います。

細胞に薬などを使って、ちゃんと効果がでるか?悪い作用はないか?そしてだんだん大きくなって最終的には動物実験などになっていきます。

Q:そういった薬剤師の顔だけではなく、別のお顔もお持ちだと伺ったんですが…
A:はい。システム担当として働いております。

Q:薬剤師とシステムって全く別の分野のような気がするんですが…
A:実はですね、薬剤師の業務とシステムってとても親和性がいいんです。たとえば薬って、ご存知の通り何千種類、何千万種類ってあるんですけれど、その内の1つ1つに注意するべき事ってあるんです。もちろんそれを頭の中に入れてはいるんですが、うっかりが無いようにいつでもシステムの力を駆使して検索ができると、より安全に業務ができるので実は薬剤師の業務とシステムって、とても近いものがあるんです。

Q:もともとシステムにも詳しかったんですか?
A:実は最初はそんなに詳しくなかったんですよ。ほぼ素人でした。

なぜ勉強し始めたかというと、この病院に就職してから患者さんに自分の汚い手書きのお薬カルテをお渡しするのが申し訳ないな。なんとか印刷できたらなー。という事がきっかけで、それまでは本当にちょっとパソコンに詳しいくらいで全くできませんでした。

自分の汚い文字で書いたのを渡すのは申し訳ない。というのと、単純に手間でもありますよね。手書きだと時間がかかりますのでなんとか印刷できないものかと、あれやこれやと勉強しました。そしてそれが印刷できた時、自分の中で感じるものがありまして「便利なもの、無ければ作ればいいんだ!」とそこで気がつきました。

 

現状を変えようと思うのって、すごいですよね

 

Q:今では他の部署でも若山さんが作られたシステムを使われてるとお伺いしました。
A:そうですね。他の部署から「こういうシステムを作って欲しい。」と頼まれて作る事もありますし、こちらの方から「こうしたら便利なんじゃないですか?」と提案する事もあります。

Q:今までに手がけたシステムってどういうものがありますか?
A:物品を病院内ではやり取りするので、その請求や払い出しを管理するシステムや病院内の情報を照らし合わせ間違いが無いかという確認作業を1つの画面で多くの情報を一覧できるようにまとめるシステムも作りました。
 

Q:周りの反応はいかがですか?
A:便利になったと、とても喜んでもらっています。
 

Q:これから、こんなシステムが作りたい。またこんな風にお仕事がしたい。など教えて下さい。
A:今まで独学で勉強してきたので、最新のシステム技術には追いついていないんですが、専用のシステムがなくてもパソコン画面があれば、何処からでも使える様なものが作れたらいいな。と思っています。
また勉強して、もっと便利なものが作れる様に頑張って行きたいと思っています。

Q:では、薬剤師としてはいかがですか?
A:もちろん専門は薬剤師ですので、そちらの事をおろそかにする事なく薬に関する勉強を日々続けて行きたい。そして薬剤師として成長して行きたいと思っております。

 

今までした事のないものへも挑戦し想いを実現していく、その力

「できない。」と自分自身を決めるのではなく、「できる。」ようにもっていく。

お話をきいていると、私も何か出来るんじゃないか。「ちょっと自分を信じてみようか。」と周りの人までも思わせてしまうほど、言葉1つ1つに力のあるお話をして下さいました。

また同時に、こうやってスタッフの可能性を大切にし活躍の場を与えてくれる職場環境も素敵ですよね。いろんな想いが重なってプラスの方向へ導いているんだろうなー。と感じました

ポジティブでいなきゃいけませんね

下向いてても何も落ちてないですから、顔上げて歩きましょ

なーんて、偉そうに(笑)

今日もみなさまにとって、晴れやかな一日となりますよーに

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://fm815.com/xbitmtop/mt-tb.cgi/101

コメントする

このブログ記事について

このページは、津川 明美が2015年11月27日 09:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2015/11/13放送 薬剤師・𦩘さんの「薬」の仕事にかける思い」です。

次のブログ記事は「2015/12/11放送 幸せいっぱい!職場結婚のご夫婦登場(1)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。