2016年1月アーカイブ

おはようございます

みなさん前回のお話を聞いて、歯磨きを見直しましたか?
私はデンタルフロス(歯と歯の間を磨く紐)も買っちゃいましたよ

しっかり磨くと翌朝の口の中が気持ちよくて、目覚めが爽やか。
ここ最近、急激に寒くなったので歯磨きの時間、洗面台が寒く憂鬱…と感じているかもしれませんが、今日のお話を聞くとそんな気持ちもおさらばしちゃうと思います

と言う事で、

本日も前回に引き続き五色台病院で歯科医師をなさっております、村田裕美(むらた ひろみ)先生がゲスト。

今回は、「歯周病」のお話に加え、歯の健康と全身疾患との繋がりについてお伺いします

IMG_8959_blog.jpg
放送内容を、YouTubeで聴くことができます(^^)
ココロに効くラジオ 本日も晴天ナリ 2016_01_22
http://www.youtube.com/watch?v=a5gpVAKK6Cc

 

Q:歯周病ってどんな病気?
A:一言でいうと顎の骨が溶ける病気です。ちょっと怖い言い方になってしまいましたが、歯っていうのは顎の骨に植わっているんです。歯の頭の部分と根の部分があるんですが、根の部分を顎骨が支えている事によって歯というのは、しっかりと堅いものも噛む事ができるんです。そして、歯周病というのは、お口の中の細菌の感染症なんです。


Q:お口の中って、そんなにたくさん細菌がいるんですか?
A:はい。体の中でも、最も菌が多い部分なんです。そして、その一部が歯周病の菌であったり、虫歯の菌であったりするんです。歯周病の菌が歯と歯茎の境目の部分に付着してそこに感染する事から始まるんです。

菌に感染しますと、生体防御といって体が菌を追い出そうとして免疫反応を起こすんです。そういった状態が続くと慢性の炎症状態がずっと歯茎のあたりで続くんですけども、それを長い間放置しておくと、最初は歯茎だけに留まっていたものが骨にまでおよぶようになるんです。その歯茎までで炎症が留まった状態を『歯肉炎』といいます。よく見られる症状は、【血が出る】といった歯肉炎の状態でブラッシング(歯磨)で治る事が多いんですが、それに気付かず放置していますと炎症が骨にまでおよびます。


Q:歯肉炎に気付かない事もあるんですか?
A:自覚症状に乏しいのが歯肉炎の特長なんです。血が出ていても、そこまで重篤な状態だとは思わなかったりしますよね。「なんとなく歯茎に違和感はあるけれど…」「血がでているけど…、まっいいか。」で何年も過ごしますと、そのまま感染も進みますし炎症状態も続くしで、徐々にですけど顎の骨が溶けていくんです。


Q:どういう風に防げばいいんですか?
A:原因が口腔内の歯周病菌なので、感染する機会をいかに防ぐかが大切になります。
それには、歯磨きです!!一番の治療法であり予防法です。

 

歯周病や歯肉炎。よくテレビのCMなどでも耳にする言葉ですが、実際の所を知らないままでした
みなさんはいかがですか?

こうして、お話を伺うと日頃の歯磨がいかに大切なのかが分かりますよね。

さらに、歯の炎症は歯だけに留まらず全身疾患をも引き起こすらしいですよ〜。

それは、どういう事なのか引き続きお話を…

 

(村田先生)特に歯周病は、いろんな全身疾患との関与が示唆されています。中でも糖尿病とは相互関係がある事が明らかになっています。香川県は糖尿病罹患率がワースト1・2を行ったり来たりしている県ですので、糖尿病罹患者も多いですし、おそらく歯周病に罹患している方も多いと思います。他には肺炎。お口の中が汚いと咽せからお口の中の菌が肺の中に入り込んで肺炎を起こすということもありますので、特に高齢の方の口腔ケアは大切です。

また、脳梗塞ですとか心筋梗塞にも歯周病の菌が関係していると言う事が分かっています。お口の中も全身の一部なので繋がっているんです。

 

との事…。

今まで、虫歯などを軽視していた事に反省…

みなさんちゃんと歯磨しましょうね

先生のお話では「寝ている間が一番菌が増殖しやすいので、夜の歯磨はじっくり丁寧に磨いて下さい」とおっしゃっていました。

寝ている間は、唾液がすくなくなるので菌が増殖しやすくなるそうです。

また、日中でもお口の中が乾燥するのは良くないので、こまめに水分をとったりガムを噛んだりするのも良いそうですよ。

お仕事をしていると、そういった事が難しい方も多いかもしれませんが。

せめて、口を開けたままにしないとか、マスクをするとかで予防もできそうですよね。

 

その他、先生が歯の治療の大切さを感じたエピソードもお話して下さいました。

 

(村田先生)
歯が抜けたままの状態でお話する事も難しいですよね。そういった方に義歯(入れ歯)を入れるとだんだん人間らしさを取り戻して、車いすだった方が歩けるようになったり。

ですので、口腔機能の回復と言うのも私たちは重要視しています。

「義歯を使わずに」と言うことで歯科受診された方がいるんですが、何度かコミュニケーションを取る事で「義歯を作ってみよう」という事になったんです。そうして入れてみたら、みるみる表情が変わって、義歯をつくるかどうしようか迷っていた時と同じ人とは思えない様な表情の輝きを取り戻し、また、しっかりご飯を食べられるようにもなりました。さらに、すごく無口な方だと思っていたんですが、義歯を入れてお口の機能が回復するとお話をしっかりされるようになり目に見えて変化や効果を感じています。

 

前回に引続き、今回のお話も為になる事ばかりで、今までの価値観が大きく変わる思いがしました。

でも、なんでお口の事って後回しにされやすいんですかね?

こんなに重要な事がいっぱいで、なおかつ歯磨から健康な体を維持する事ができるなんて(全てではありませんが・・・)、お手軽な話でしょ。

もっと声を大にして、たくさんの人に知ってもらいたいですよね

楽しく明るい毎日は歯磨きから

みなさん、がんばりましょうね。

それでは、今日はこのへんで。

今日も皆さんにとって、晴れやかな1日となりますように

IMG_8967_blog.jpg

 

新年明けましておめでとうございます


今年は申年。

干支は昔、中国で農作物の生育に関わる暦として使われており、「申」には「伸ばす」という意味があり、草木が十分に伸びきった時期で果実が成熟し堅くなっていく状態を表しているそうです。

また、「去る」という意味も表し『悪い事が去る』『病が去る』など良い事がやってくるという年とする説もあるとか…

今年は何か今までしていた事が実を結び良い年となりそうな予感…

みなさまにとってより明るい年となりますように

本年もよろしくお願い致します。

 

それでは、今日のお話へ。

今日は、五色台病院で歯科医師をなさっております、村田裕美(むらた ひろみ)先生にお話をお伺いいたしました。

IMG_8957_blog.jpg

放送内容を、YouTubeで聴くことができます(^^)
ココロに効くラジオ 本日も晴天ナリ 2016_01_08
http://www.youtube.com/watch?v=p9xOlgQ6ZFE

 


村田先生は、昨年の3月に五色台病院へ来られたそうで…


Q:その前はどちらにいらしたんですか?
A:岡山大学に所属しているので、岡山大学からの出向というかたちで広島県福山市の病院歯科に行ったり、昨年の3月までは徳島病院の歯周病科におりました。

 

Q:通常外来と精神科外来との違いはありますか?
A:治療のベースは一緒なんです。まず診断をする為には患者さんのバックグラウンドをできるだけ聞き出すところから始まります。それで正しい診断ができたら治療方針をたてて治療していくという所は、一般の患者さんでも精神科の患者さんでもご高齢の患者さんでも一緒です。

 

まず、ここで今までの歯科のイメージがガラッと変わった私

今まで、自分のバックグラウンドの聴き取りをされただろうか?それも治療前に…


 

Q:患者さんのバックグラウンドを知る事は、治療にとって大切な事なんですか?
A:歯科治療というのは、基本、原因除去療法です。今のようなお口の中の状況になった理由を探るところから始まります。そして、原因がいくつか出て来たものを1つずつ解決していくというのが歯科治療なんです。
生活習慣もですし、歯磨き1つとっても1日に何回ほど何分くらいかけて、どういった歯ブラシを使ってどういった歯ブラシの持ち方で歯を磨いているか?の1つ1つが全て情報になります。そしてそこに原因が隠されている事が多くあります。

 

Q:お口の中をみれば、その人のバックグラウンドが見えるという事もありますか?
A:そうですね。経験を重ねますと、段々と見えてくるようになります。
ただ精神科の患者さんは、複雑な背景を抱えていらっしゃる方もいますし、波があると言いますか、つい何ヶ月前までは丁寧に磨けていたのに、今は全くできないと言う方もいらっしゃいますし、その逆の方もいます。すごく綺麗に磨けているのに、いつこんなに虫歯が出来たんだと不思議になるような方もいます。

 

Q:カウンセリングも平行して行なっている様ですね。
A:そうですね。こちらが誠意をもって接しようとすれば、患者さんの方も心を開いて下さって色んな背景を引き出す事ができます。歯科治療というのは、患者さんとの信頼関係で成り立つものですので、そこは大切にしています。

 

Q:患者さまの気持ちがのらない場合、どのようなお声がけをなさるんですか?
A:とにかく心がけているのは、無理強いや強制のような事をしないという事です。患者さんに寄り添って今の患者さんの状態で無理のない程度の指導であったり、時間をかけたケアを行なっています。

 

Q:村田先生が診ているのは入院患者さんですか?

A:入院患者さまもそうですし、周辺施設の患者さま。「老健五色台」と「さぬきのくに」とデイ・ナイト・ケアの利用者さまを出来る限り診るようにしています。
歯科に来るだけで気分が爽快になって帰っていただけたらな〜っと、ケアには力を入れています。

 

Q:最後に上手な歯の磨き方を教えてください。
A:たいていの方が歯を磨く時に大きく動かしているのとブラッシング圧といって力を強く入れ過ぎて磨いている方が多いので、極力、力を抜くようにしてペンを持つようにして小刻みに歯ブラシを動かすと汚れがとれやすいです。騙されたと思って力を抜いて小刻みに動かしてみてください。

 

とのことですよ

皆さんの歯磨きはいかがですか

私は先生がいうダメダメは磨き方。

どうしても力が入ってしまうので、歯ブラシもすぐへたっちゃう。

これから頑張って力を抜く練習をしなければ

お口が綺麗だと表情も明るくなりますよね

今年一年笑顔で過ごすために、まず歯からケアしましょう。

それでは、今日も晴れやかな1日となりますように

このアーカイブについて

このページには、2016年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年12月です。

次のアーカイブは2016年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。